スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ジョー・シーメイ(Joe Chemay)、ピーター・セテラと来日!!
peter cetera
カールが参加したピーター・セテラのソロ・アルバム"PETER CETERA"。カールは"I Can Feel It"に作曲とギターで参加。

元CHICAGOのピーター・セテラが今年12月、下記の通り来日することが決定した。
デニスの友人であったCHICAGOのマネージャー、ジェイムズ・ウィリアム・ガルシオ(1965~66年にBBと一緒にツアーしていたCHAD&JEREMYのベーシストであった)の仲介で、1974年にCHICAGOの"Wishin' You Were Here"のバッキング・ヴォーカルにデニス、カール、アルが参加して以後、セテラは特にカールと親しくなり、70年代に様々なバッキング・ヴォーカルのセッションに連れ立って参加してきた。
セテラはハイトーン・ヴォーカリストとして知られるが、ロックな曲におけるパワーもすさまじいものがあり、Aの発音を強調する歌い方に共通点があるなど、カールとも歌唱法で影響を与え合ったようだ。
セテラは1985年にCHICAGOを脱退して以降、カールらBBファミリーとは疎遠になってしまったようだ。

そんなセテラが、1984年のCHICAGOとしての最後の来日以来実に25年ぶりに、初のソロ来日コンサートを行うことが決定した。
大物だけあってチケット価格はSIMON&GARFUNKELに負けないぐらい高いが、それなりの価値のあるコンサートに期待しよう。

しかもツアー・メンバーとして、ベースにジョー・シーメイが参加する。
ジョー・シーメイは1970年代にLAでセッション・ミュージシャンとして活動、盟友のキーボーディスト、マイク・メロスと共に、BBの”L.A.”にベースとバッキング・ヴォーカルで参加している。1980年のBBのツアーには、ギターに回ったエド・カーターに代わってベースを担当、ライヴ・バンドとして絶頂にあったBBのリズムを支えた。同年にTV特番として収録されたイギリス・ネブワースや、ワシントンDCでのコンサートの映像で彼の姿を確認できる。1981年にはメロスらとJOE CHEMAY BANDを結成、同名のアルバムを1枚発表している。
是非シーメイには会って、BBとの話をききたいものだ。

ちなみに今ごろはロバート・ラム率いるCHICAGOの来日公演も予定されていたが、ラムの足の骨折により、来年2月に延期になった。

以下は会場のCOTTON CLUBのサイトより転載。
************************************
公演名:PETER CETERA
日時:12.13.sun & 12.15.tue & 12.17.thu
Showtimes : 7:00pm & 9:30pm
※12.13.sun showtimes : 5:00pm & 8:00pm
※BOX B席のみ相席の場合あり

CHARGE
■自由席/テーブル席 : ¥14,500
■指定席/
BOX A (4名席) : お1人様¥18,000
BOX B (2名席) : お1人様¥16,500
BOX S (2名席) : お1人様¥17,500
SEAT C (2名席) : お1人様¥16,500
・インターネット先行予約開始日
 9/26(土)11:00am~
・一般予約受付開始日
 10/3(土)

Peter Cetera(vo)
Boh Cooper(p,key,vo)
Kim Keyes(vo,per)
Gene Miller(g,vo)
Bruce Gaitsch(g)
Joe Chemay(b)
Dan Needham(ds)

『素直になれなくて』、『Stay With Me』など数々の名曲で知られる、
元シカゴのピーター・セテラ、初ソロ来日公演。手が届くような距離で
ミリオンダラー・ヴォイスに酔いしれるプレミアム・コンサート。

AORファン待望!!元シカゴのリード・シンガー、ピーター・セテラが、ようやくソロ初来日を果たす。“ヴォイス・オブ・シカゴ”と親しまれ、名バラード<素直になれなくて>やグラミー受賞曲<愛ある別れ>といった大ヒット・ナンバーで張りのある歌声を披露したピーター。シカゴを離れて24年、来日となると1984年のシカゴ以来、30年ぶりとなる。ソロ・アーティストとしても、<グローリー・オブ・ラヴ>やエイミー・グラントとのデュエット<ネクスト・タイム>が全米ナンバー・ワンに輝き、日本では映画『竹取物語』の主題歌<ステイ・ウィズ・ミー>をヒットさせるなど、着実に実績を積み上げてきた。それなのにピーター自身の日本公演は叶わず、熱心なファンの間では署名運動が行なわれたほど…。もちろん今度のステージでは、シカゴ時代の代表曲からソロ転向後のヒット曲を演奏予定。いつまでもロマンティックで艶やかなピーターの歌声を、手の届くような距離でジックリ堪能するプレミアム・コンサート。

《インターネット先行予約に関して》
一般発売に先駆け、インターネットによる先行発売を
9/26 (土) 11:00amより開始します。
この機会にぜひ、インターネット先行予約をご利用ください。
※時間帯によってはサーバーに繋がりにくくなることがございます。予めご了承ください。
スポンサーサイト
2009-09-19 (Sat) | 記事URL | Tour Members | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。