スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
BEACH BOYS、FENDER HALL OF FAMEに選ばれる
エレクトリック・ギター・メーカーの最大手フェンダー社の発展に貢献したことを評価され、BBが2008年度のFENDER HALL OF FAME(フェンダーの殿堂)に選ばれた。
BBは1962年のCAPITOLからのデビュー時、カールとデヴィッド・マークスがフェンダー・ストラトキャスター、ブライアンがフェンダー・プレシジョン・ベースを使用していた。
以後カールはジャガー、エレクトリックXII(プロトタイプ)、ビグスビー付テレキャスターを使用、ストラトキャスターも晩年までサブ・ギターとして使用し続けた。特に63~64年に使用されたジャガーによる乾いたリード・ギター・サウンドは、初期BBのサウンド・キャラクターの要素であった。
アルは1963年の復帰以来、BB分裂後の現在まで、ほぼ一貫してストラトキャスターをメインで使用している。ブライアンは近年も時折フェンダー・プレシジョン・ベースを抱えてステージに立っている。

ちなみに同時に選ばれたのは、テレキャスターの名手ジェイムズ・バートン(James Burton)、1957年にフェンダー社に入社し、プロ・ギタリストとしての立場からフェンダー社にさまざまなアイデアをもたらした故ビル・カーソン(Bill Carson)、フェンダー社の広報担当で、1960年代の会社発展に貢献した故ボブ・ペリン(Bob Perine)、1960年代半ばに入社し、1980年代の会社再建に貢献したドン・ジョンストン(Don Johnston)、1981年に入社し、フェンダー・カスタム・ショップを発足したクラフトマンのダン・スミス(Dan Smith)。

8月8日、アリゾナ州テンペにあるTempe Center for the Performing Artsでその授賞式が行われた(現在のフェンダー社は、本社をアリゾナ州スコッツデイルに置いている)。授賞式にはBBを代表して(?)アルが1人で出席した。
アルが最もフェンダー・ギターの使用歴が長く、資料用に自身所有のストラトを貸し出すなど、フェンダー社との付き合いが最も密接なので、現存メンバーで誰か1人と言われればやはりアルが適任なのだろう。マイクやブルースは現在ではギターもベースも演奏しないし、ブライアンはフェンダー社のベースを使用しているものの、バンドがライヴァルのギブソン社とエンドース契約しているため、こういう式典への出席ははばかられたのだろう。

アルのスピーチより

“I’m here to accept this wonderful accolade on behalf of my partners, some of whom are still here upon the planet Earth,”
「私は仲間を代表してこのすばらしい賞を受け取るためにここに来ました。仲間の何人かはまだこの地球上にいるのですが。」
*ここで事情を知る観客から笑いが起こったという。

“We had Carl Wilson, Dennis Wilson and Brian Wilson, of course, who really were the driving force for coming to grips with the teenage sound, we’ll call it―the electric sound.”
「私達の仲間にはカール・ウィルソン、デニス・ウィルソン、そしてブライアン・ウィルソンがいました。彼らはティーンエイジ・サウンドで人々の心をとらえる原動力でした。私達はそれをエレクトリック・サウンドと呼びましょう。」

HOF2
殿堂入りプレートの前で喜びのポーズを取るアル

HOF1
右から、ジェイムズ・バートン、アル、ボブ・ペリンの妻Blaze Newman、現フェンダー社長のBill Mendello、ビル・カーソンの妻Susan Carson、ドン・ジョンストン、ダン・スミス。

HOF_9.jpg
左から、フェンダー社長のMendello, HALL OF FAME委員のRitchie Fliegler,アル、授賞式司会でフェンダー副社長のRichard McDonald。

スポンサーサイト
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Beach Boys | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。