スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブライアンのFacebook上でのQ&A
Brian2008


2014年1月27日(月)13:00から30分間 (日本時間:28日[火]6:00~)、ブライアンは自身のFacebookタイムライン上に寄せられたファンからの何千もの質問のうち、50問以上もの質問に答えた。
Q&Aにはおびただしい量の質問が寄せられたため、ブライアンは限られた質問にしか答えられなかったが、その中には新作アルバムや新たな活動についての答えもあった。イベントは大成功だった。ブライアンは大変楽しみ、次回開催を楽しみにしている。
以下はインタヴューの要約である。

― 今取り掛かっているアルバムで好きな曲は?

Brian(以下B):“Sail Away” (ランディ・ニューマンの曲とは別曲) と “Last Song”だね。

― ジェフ・ベックとは共作したのですか?

B: いや、ベックとは共作しなかった。ベックは演奏しただけだ。

― これまでの長い音楽人生の中で、あなたが誇れるものは何ですか?

B: 僕は良いシンガーだったということだね。

― “Pet Sounds”を生み出す上で、最も影響を受けた”Rubber Soul”の曲は?

B: "Norwegian Wood"だね。

― あなたの音楽歴において、どのような質問をされることにうんざりしますか?
もしくは、どのような質問を求めていますか?

B: 僕は「あなたはどう思いますか?」ときかれることが最も嫌だね。

― あなたの書いた曲の中で最高だと思うものは?

B: "God Only Knows”。

― デニスの曲で最も好きなものは(“Forever”以外で)?

B: “San Miguel”。素晴らしい曲だった。

― あなたが好きな自身のソロ曲を3曲挙げてください (BEACH BOYSの曲以外で)。

B: “Caroline, No”、ちょっと考えさせて。 “I Loves You Porgy”。

― “Friends”が私の最も好きなアルバムで、その中でも “Wake The World”が特に好きな1曲なのですが、この曲を書くきっかけについて話してくれませんか?

B: “One by one, stars appear.” (以上歌いだしの歌詞) 僕が本当に好きな曲の1つで、歌いたくなる曲だ。

― ブライアン、長年の間に生み出してくださった素晴らしい音楽の全てに感謝します。今後、まだ共にお仕事をしたことがない人々の中で、共作したいと思っている人はいますか?

B: いや、特にいないんだ。

― BEACH BOYSのアルバムで一番好きなものは? またその理由は?

B: “Summer Days and Summer Nights” だ。理由は”Salt Lake City”のようなかっこいいR&Rソングが入っているからだよ。

― アレンジやハーモニーの上でもっとも試練の多かった曲は?

B: “Good Vibrations” にはメンバーと共に懸命に取り組んだ。僕はただすごいレコードを作りたかった。そして僕は成し遂げた!

― あなたの新作アルバムと、過去の作品である” Friends”や” Sunflower”との近似点はありますか?

B: ハーモニーが近いってことかな。

― ソニー・ボノの曲で好きな曲は?

B: “The Beat Goes On”だね。

― 1月26日のグラミー賞授賞式での、パフォーマンスや受賞者についてのあなたの感想は?

B: 観てなかったんだけど、ポールとリンゴが共演したのは知ってる。録画はしたけどまだ観てない。ポールとリンゴがとても良かったらしいね。

― 好きな食べ物は?

B: 寿司。だけどしばらく食べてないな。

― 日本からの質問です。もし過去に戻れるとしたら、いつ、何をしたいですか?

B: ドラッグはやるべきじゃなかった。みんなもやっちゃいけないよ。

― 一番好きな自作のインストルメンタル曲は?

B: “Let's Go Away For Awhile”。

― 好きな曲は?

B: RONETTES “Be My Baby” 。

― “Friends”アルバムについてどう思いますか? 私は“Friends”と”Wild Honey”は60年代後期の最も過小評価されている古典的名作だと思います。

B: ああ、その中でも” Friends”がもっとも好きな曲だ。

― 私は“Pet Sounds”アルバムの中でも” I'm Waiting For The Day”が大好きなのですが、誰が、もしくは何がこの曲を書くきっかけとなったのですか?

B: いや、あの曲を書く上で、特段きっかけとなったことはなかったんだ。

― 発表されて2年が経とうとしていますが、“That's Why God Made The Radio”はどう思いますか?

B: ああ、今でもその曲は大好きだ。”Pacific Coast Highway“と” From There to Back Again”もとても大好きだね。

― アル・ジャーディン氏のことをどう思いますか?

B: 彼は素晴らしいシンガーでありミュージシャンだと思う。いい曲も書いてるね。

― 何であなたはそんなに素晴らしいの?

B: 分からない。そういう質問には答えられない。

― ポール・マッカートニーとのアルバム制作をする予定はありますか?

B: いや、考えてもないけど、分かんないな。

― バート・バカラックと共作した曲が” What Love Can Do”以外にもあるそうですが、発表される予定はあるのでしょうか? あと、あなたがソングライターとしてバカラックから受けた影響について語ってもらえますか?

B: 実際はそんなにたくさん共作はしなかったよ。僕は彼の音楽が好きだし、彼からハーモニーの重要性を教わったよ。

― 最近の曲で好きな曲は?

B: 僕はBERLINの” Take My Breath Away”(訳者注:1986年のヒット曲)が好きだったよ。

― あなたが楽譜を読み書きできるかどうかに関心があります。あなたはミュージシャンにセッションで指示を出すときに楽譜を使ったのですか? それともただ口頭で聴かせるか、ピアノを使うかしたのですか?

B: ああ、僕は楽譜を書いて、時々彼らにピアノで教えるんだ。

― あなたのベース・ラインに影響を与えた人物は?

B: フィル・スペクター。

― “I Was Made to Love Her” はBBとスティーヴィー・ワンダーで共演すべきだったんではないかと思うのですが、これまでにスティーヴィーと共に仕事をする機会はあったのですか?

B: スティーヴィー・ワンダーは僕の好きなミュージシャンの1人だ。
(訳者注:スティーヴィーは”THE BEACH BOYS 1985”に、”I Do Love You”をバッキング・トラックも全て作り上げて提供している)

― “Busy Doin’ Nothin’” はブライアンには珍しいボサ・ノヴァの影響が表れた曲で、ブライアンには珍しい変拍子も用いられていますが、当時あなたはボサ・ノヴァかジャズのレコードを聴いていたのですか?

B: ああ、ボサ・ノヴァに影響された曲だよ。

― “Strawberry Fields Forever”を初めて聴いたときは恐れおののいたそうですね。過去10年間でそのような曲を他に聴いたことがありますか?

B: いや、それは事実ではない。あれはとても風変わりな曲だ。でも好きな曲だね。

― あなたはドゥワップが大好きでとても影響を受けたそうですが、あなたが最も好きなドゥワップの曲は?

B: ああ、ドゥワップは大好きだった。曲やハーモニーを作るきっかけとなった。とても影響を受けたよ。

― “Wouldn't It Be Nice”を書くのにどれ位の期間がかかったのですか?

B: だいたい2週間だね。

― 今でも薬は飲んでますか?

B: いや、もう薬を飲むのはやめた。あれを飲むと働けなくなる!

― Daft Punkと一緒に仕事をする予定はありますか?

B: 知らないな。

― 最近はどんな音楽を聴くのですか?

B: 60年代から70年代のオールディーズだね。

― レオン・ラッセルとBBのアルバムを作ったときの思い出ってありますか? 彼は好人物で素晴らしいミュージシャンだと思うのですが!

B: 彼は素晴らしいキーボード・プレイヤーだった。

― BEACH BOYSの曲で、もっと人気が出るはずだと思ったけど出なかった曲といえば何ですか?

B: “The Little Girl I Once Knew”

― “Monsters” (訳者注:1964-66年にアメリカCBSで放映された妖怪番組)と” Addams Family”(訳者注:1964-66年にアメリカABCで放映された妖怪番組。後年アニメ化、映画化された) ではどちらが好きでしたか?

B: ” Addams Family”だね。良く分かんないけど、何となく観てただけだよ。

― クラシック曲を書こうと思ったことはありますか?

B: いや、僕にはできないだろう。

― “Surfin'” はあなた達がハイト&ドリンダ・モーガンのオフィスであるStereo Mastersへ行く前には、すでに出来上がっていたのですか?

B: いや、そのすぐ後に書かれた曲だ。

― 新しいアーティスト達が、あなたが彼らのインスピレーションだと語ったり、あなたの曲をカヴァーしたりしていることに関してはどう思いますか?

B: またそういう話か… 「どう思う?」だって! 誇りに思うね。

― ディーン・マーティンに会ったことを覚えていますか? 彼の曲であなたが心惹かれる曲はありますか?

B: ああ、僕はディーン・マーティンには1984年にホワイトハウスでのパーティで会ったよ。フランク・シナトラにも。彼らは僕にとてもよく接してくれた。

― ソングライターとして一番好きなBEATLESのメンバーは?

B: ポール・マッカートニー。

― 最近、音楽的に、そして情緒的にあなたを突き動かしているものは何ですか? 私はあなたが最善を尽くすことを願います。そしてあなたの音楽は私にとって表現しきれないほど意義深いものだということを伝えたいのです。ありがとうございます!!

B: 過去のレコードと僕の妻だね。

― 子供の頃好きだった野球チームは?

B: ニューヨーク・ヤンキーズだね。

― あなたは野球チームではロサンゼルス・ドジャーズのファンだと聞きましたが、ヴィン・スカリー(ドジャーズ・スタジアム専属の実況アナウンサー)の実況中継でもっとも好きな文句は?

B: ヤンキーズはミッキー・マントル(1931-1995 現役1951-1968)という選手がいたから好きだった。僕も高校時代はセンターだったんだよ。
(訳者注:ヴィン・スカリーはミッキー・マントルなど、往年の名選手の思い出話をよく実況の中に織り交ぜることで知られる。)

― クラシックは聴きますか?

B: いや。

― 最近あなたが客として観たコンサートは何ですか?

B: ポール・マッカートニー。素晴らしいショーだったよ。

― ブライアン、”That Lucky Old Sun”アルバムが最も素晴らしいアルバムだと思います!! ありがとうございます!!!!

B: それは良かった、ありがとう!

― “Radiant Radish Health Food Store”という健康食品店を経営していた頃(69~70年)の良い思い出は? 何が一番売れたのですか?

B: レジの使い方を覚えたことだね。

― もっと良い曲にできたんではないかという曲はありますか?

B: “Help Me Rhonda” だね。もっといいリズムに仕上げられたはずだけど、その頃はアイデアがなかった。

― “Surfer Girl”は素晴らしい曲ですが、どんな曲に仕上げたかったのですか?

B: 家への帰途、車の中でラジオから流れてきた曲から着想を得た。けれどもその曲は” When You Wish Upon A Star”ではなかったよ。

― ハル・ブレインとは最近会ってますか?

B: いや、ハルとはもう長いこと会ってないな。

*************************

※質問と答えがちぐはぐなところが散見されるが、極力原文のまま訳している。ブライアンのインタヴューにはありがちなことなので、そこは推し量るべきであろう。
スポンサーサイト
2014-02-14 (Fri) | 記事URL | Brian Wilson | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。