スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
BRIAN WILSON BANDのメンバー交代について
比較的安定していたBRIAN WILSON BANDのメンバー構成に、久々に大きな動きがあった。
1999年以来、BRIAN WILSON BANDのリズムを支えてきた"TASTY BROTHERS"、ジム・ハインズ(ドラムス)とボブ・リジック(ベース)が脱退した。

Jim Hines

ジム・ハインズ

Bob Lizik

ボブ・リジック

5月9日、公式サイトの掲示板に、マネジメントからの発表があった。
これによると、ジムとボブは、シカゴでの仕事に専念するために、脱退を決めたのだという。
代わりにWONDERMINTSのマイク・ダミーコ(Mike D’Amico)が、2004年1月以来ドラマーとして復帰、ベースにはスコット・ベネットの音楽仲間で、"THE DOTTED LINE"にも参加しているブレット・サイモンズ(Brett Simons)が加入し、6月のUKツアーより登場する。

Wondermints


WONDERMINTS 右がマイク・ダミーコ

Brett Simons


ブレット・サイモンズ 彼の公式サイトはこちら

これを不審に感じた私は、早速ジムの関係者に連絡を取った。やはり、マイク&ブルースのメンバー交代と同様、バンドメンバーの脱退については複雑な事情があり、安易にファンに真相を公表することはできないようだ。
「必要以上のことを言ってしまいたくはないが、巷に出回っている噂の中で正しておきたいことだけを挙げたい」ということで、以下の回答を得られた。

*ボブとジムは"THAT LUCKY OLD SUN"スタジオ録音の直前に脱退。その後ダミーコとブレットに急遽声がかかった。ダミーコとブレットは"THAT LUCKY OLD SUN"スタジオ録音には参加していない。スタジオ録音のドラムはトッド・サッカーマンが担当、ベーシストはなかなか決まらなかった、ということしか当方では分からない。

*公式発表は事実ではない。2人のシカゴでの仕事の状況と、今回の決断は関係ない。現に2人と同じくシカゴ在住のポール・マーテンスは今後もバンドに在籍する。

*理由はブライアンや他のバンド・メンバーとの活動における軋轢では決してない。それどころか、ブライアン本人はこの決定を全く知らず、関与できなかった。この時期にこういう結果になってしまったことを、皆大変やるせなく感じている。

残念なことではあるが、今後の新メンバーを加えたBRIAN WILSON BAND、そしてジムとボブの活躍に期待したい。

なお、今後のブライアンのツアー・データは以下の通り。

# June 28 ― London, England (Kenwood House, Hampstead, English Heritage Picnic Concerts)
# June 29 ― Ispwich, England (Regent Theatre)
# July 1 ― London, England (Royal Albert Hall)
# July 8 ― Niagra Falls, ON (Niagra Fallsview Casino, Avalon Ballroom)
# July 9, 2008 ― Ottawa, ON (Cisco Systems Bluesfest)
# July 11 ― New York City, NY (Stand Up for a Cure benefit)
# July 12 ― Highmount, NY (Belleayre Music Festival, Belleayre Mountain Ski Center)
# July 13 ― Hampton Beach, NH (Casino Ballroom, Club Casino)
# Sept. 12-14 ― Los Angeles, CA (Hollywood Bowl)
スポンサーサイト
2008-05-18 (Sun) | 記事URL | Tour Members | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。