スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
アルが70年代に愛用したレスポール・カスタム、紛失される
b07-70-003a.jpg

*今回紛失されたというアルの56年型Gibson Les Paul Custom Black Beauty。フロントにアルニコV、リアにP-90ソープバーと異なるタイプのピックアップをマウントしている黒いモデル。フレットは「フレットレス・ワンダー」と呼ばれるほど薄くて細く、フロントのヴォリュームとリアのコントロールがメタルトップのものに交換されている。また、コントロール・キャビティをトップから一度開口して埋めた跡があるのも特徴。

アルがFacebookで5月29日表明したところによると、彼が70年代前半に愛用していたGibson Les Paul Custom Black Beautyが、最近モンタレー地区である人物に貸したまま紛失され、目撃情報提供を求めているという。
このレスポールは56年型で、現在では時価数百万円の価値がある。
とにかく、一刻も早くアルの元に戻ることを願うのみである。
こういう犯罪は盗難者がギターを自分のものとして使い続けるケースは希で、たいてい楽器店や質屋に売却して現金化されるケースが多く、故にシリアル・ナンバーを控えて警察に届けていれば、発見される可能性はある。

なお、アルはゴールドカヴァーのハムバッキングPUをマウントした後年のレスポール・カスタムも複数所有しており、2012年2月のグラミー賞授賞式での再集結ステージでは、同タイプのホワイトのモデルを使用している。
スポンサーサイト
2013-06-16 (Sun) | 記事URL | Al Jardine | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。