スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
FOO FIGHTERSのドラマー、デニスの未発表曲に詞をつける
Taylor Hawkins

FOO FIGHTERSのドラマー、テイラー・ホーキンス

元NIRVANAのドラマー、デイヴ・グロールが結成したバンドとして知られるFOO FIGHTERSのドラマー(グロールは現在ギターとヴォーカルを担当)、テイラー・ホーキンス(Taylor Hawkins)が、デニスの未発表曲"Holy Man"に、グレッグ・ジャコブソンと共作した詞をつけ、デニスが遺していたメロディに乗せて歌い、6月17日米国発売予定(延期になったので注意!!)の"PACIFIC OCEAN BLUE / BAMBU"デラックス・エディション CDにボーナス・トラックとして収録されることになった。
既報の通り、もともと録音されていたバッキング・トラックがディスク1に、ホーキンスのヴァージョンがディスク2に収録される。

情報源サイトによると、デニスは83年に亡くなる直前まで、恋愛関係にあったFLEETWOOD MACのクリスティン・マクヴィーと共作してレコーディングを続けており、またブライアンとも共作していた。そのうち、1982年にアルバム"MIRAGE"にて発表されたクリスティン単独作名義の"Only Over You"は、実際にはデニスとの共作と言われている。またブライアンとの共作は、"Night Blooming Jasmine"が,1988年のブライアンの1stソロ"BRIAN WILSON"にて、"Rio Grande"の一部として発表され、"City Blues"はスコット・ベネットが補作の上、2004年のアルバム"GETTIN' IN OVER MY HEAD"に収録されたが、どちらにもデニスのクレジットはない。

デニスの伝記の著者ジョン・ステビンスは語る。
「"BAMBU"セッションの末期には、デニスの人生は堕落してコントロールを失っていた。彼は兄弟と同じように自堕落な性格だったから、状況は悪くなる一方だった。1978~79年が彼の人生の分岐点だった。その時期にカールは立ち直れたけど、デニスは立ち直れなかったんだ。」

スポンサーサイト
2008-03-25 (Tue) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。