スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
デニスの伝記映画”The Drummer゛制作開始!!
デニス役に選ばれたアーロン・エッカート
デニス役に選ばれたアーロン・エッカート

MSN NEWSより(現在はリンク切れ)。

クロエ・グレース・モレッツとルパート・グリント、ザ・ビーチ・ボーイズのドラマー、デニス・ウィルソンの伝記映画に出演

映画『キック・アス』『ヒューゴの不思議な発明』のクロエ・グレース・モレッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのルパート・グリントの二人がアメリカのサーフ・ロックの元祖で伝説的なロックバンド、ザ・ビーチ・ボーイズのドラマーで、39歳の若さで亡くなったデニス・ウィルソンの伝記映画『ザ・ドラマー(原題) / The Drummer』に出演することが決まった。

 ルパート・グリントはタレント・エージェンシーのメールボーイのインターンで後にデニスの親友となるスタン・シャピロを演じる。一方のクロエ・グレース・モレッツはデニスの4度の結婚の中のキャロル・フリードマンとの間の娘のジェニファーを演じる。

 デニス・ウィルソンを演じるのは映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のアーロン・エッカート、そのほか彼のガールフレンドでロック/ポップグループ「フリートウッド・マック」のクリスティン・マクヴィー役には映画『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガが決定している。

 ザ・ビーチボーイズはブライアン、デニス、カールのウィルソン3兄弟を中心に結成されたバンドで、アメリカ西海岸の若者文化を代表する様々なアイテムをテーマにした軽快な楽曲が有名なサーフ・ロックの元祖。ポップなサーフ・ロックを書くようブライアンに進言したはデニスだという。また、当初音楽的経験をほとんど持っていなかったが、彼のカリスマは、バンドの中で一番の人気を支え、ステージ上のセックス・シンボルとなった。しかし、バンドが成功するに従い、彼のドラッグとアルコール漬けの生活がバンドに支障をきたしていく。そして、1983年12月28日の深夜、泥酔状態のデニスはヨットの甲板から深夜の海に飛び込み39歳の若さで溺死した。映画はデニスの生前の最後の半年に焦点を当て、そのドラマチックな生き様を描くと思われる。
 
 監督は映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』(DVD公開)のランドール・ミラー、脚本は同作でコンビを組んだジョディ・セイヴィンがペンを執る。撮影は6月からスタートする。(後藤ゆかり)

****************************

映画.comより。

クロエ・モレッツ、「ビーチ・ボーイズ」D・ウィルソン伝記映画に参加

2012年3月18日 13:00

クロエ・モレッツ(「ヒューゴの不思議な発明」)とルパート・グリント(「ハリー・ポッター」シリーズ)が、米ロックバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」のドラマーだった故デニス・ウィルソンの伝記映画「ザ・ドラマー(原題)」に参加することになった。

デニスは、兄でリーダーのブライアン・ウィルソンや弟カールらとともにビーチ・ボーイズを結成したオリジナルメンバー。ドラムやキーボード、ボーカルのほか、作曲でもバンドに大きく貢献したが、1983年、泥酔してヨットから海に飛び込み溺死した。39歳の若さだった。

すでに、デニス役にはアーロン・エッカート、デニスの恋人だったフリートウッド・マックのクリスティン・マクビー役にベラ・ファーミガが決定。米ハリウッド・レポーター誌によれば、モレッツはデニスの娘ジェニファー、グリントは、ウィリアム・モリス・エージェンシーのメールルームに勤務するインターンで、のちにデニスの親しい友人となったスタン・シャピロを演じる。

「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」のランドール・ミラーが監督、ジョディ・セイビンが脚本を手がけ、6月中旬のクランクインが予定されている。

****************************

RBB Todayより。

2012年3月17日 09:33

ルパート・グリントとクロエ・モレッツが映画『ザ・ドラマー』で共演するようだ。ザ・ビーチ・ボーイズのドラマー、デニス・ウィルソンの伝記映画である同作には、すでにアーロン・エッカートがデニス役、ヴェラ・ファーミガがフリートウッド・マックのシンガー、クリスティン・マクヴィー役にそれぞれ決定している。ルパートは、後にデニスの友人となる、ウィリアム・モリス・エージェンシーの郵便室でインターンとして働くスタン・シャピロ役を演じ、一方のクロエは、デニスの娘ジェニファー役を演じるための最終交渉を行なっていると報じられている。

 デニスが1983年に亡くなるまでの最後の6年間を描く『ザ・ドラマー』では、1977年に発表されたデニスのソロ・アルバム『パシフィック・オーシャン・ブルー』からの楽曲が使用されるという。

 バラエティ誌に監督を務めるランドール・ミラーは「この役を演じるのにふさわしい人物は誰か、ずっと模索してきました。極めて大変な役ですから、歌うことが出来る優れた俳優というのは探すのが大変ですよ」「この映画にはデニスに関する発見があります。ブライアン(ウィルソン)についてはよく知られていますが、デニスの音楽を本当に知っている人はいません」と今作について説明している。

 主演のアーロンは製作総指揮としても同作に関わっており、デニスの2人の子供カールさんとジェニファーさんがミラー監督と共に共同プロデューサーを務めるほか、脚本はジョディ・セイヴィンとブラッド・ローゼンバーガーが担当している。

 大酒飲みでヘビースモーカーだったデニスは、39歳の誕生日を迎えた直後に溺死した。その日1日中飲んでいたデニスは、3年前に落とした物を探すため、マリーナ・デル・レイでヨットから飛び込んだという。
スポンサーサイト
2012-04-29 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。