スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブライアンからのクリスマス・プレゼント、2007年は"Heaven"
ブライアン・ウィルソンの公式ウェブサイトで、12月21日より、同日のカールの61回目の誕生日と、クリスマスを祝って、"Heaven"がストリーミング配信されている。
ピアノが入っているなど、カールのオリジナルとは少し違う仕上がりだが、ブライアンのヴォーカルの調子も良いようで、是非公式リリースを望みたいほどである。
同時配信されている、カールとブライアンの画像のスライド・ショーも、感傷を一層高めている。
このブライアンのヴァージョンは、12月20日に録音されたばかり。エンジニアリングがマーク・リネットという以外、本文を書いている時点では公式情報がないが、メッセージ・ボードへの書き込みによると、演奏はスコット・ベネットの多重録音、バッキング・ヴォーカルもブライアン1人で多くを重ね、スコットもハイ・パートで多少加わったといわれている。
さらに詳しい情報が入り次第、お伝えする予定。
ブライアンは2002年10月6日のUCLA Royce HallにおけるCARL WILSON WALK AGAINST CANCERのステージで"Heaven"をラストに演奏したことがあり、2005年にダブリンで、カールの自作曲のうち最も好きなもの、というファンの質問に対しても、"Heaven"を挙げていたそうだ。もちろんカールの生前のフェイヴァリットでもあり、1991年11月4日のBBFUNによるインタヴューでもそう答えていた。
スポンサーサイト
2007-12-23 (Sun) | 記事URL | Brian Wilson | COM(0) | TB(0) | 
Back | Top Page | Next
COMMENTS
top ▲
POST A COMMENT















管理者にだけ表示を許可する

top ▲
TRACK BACKS


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top ▲
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。