スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブライアンの"California Sun"、『おさるのジョージ2』サントラに収録される
Curious George 2
ブライアンがTHE RIVIERASの64年のヒット曲、そしてRAMONESのカヴァーでも知られる"California Sun"をカヴァーし、アニメ"CURIOUS GEORGE 2(『おさるのジョージ2』)"に提供して、2010年3月2日にDVDサントラ盤が同時発売された。
サントラ盤CDの内容は以下の通り。

1. "Life Less Ordinary" - Carbon Leaf
2. "The Friendship" - Carbon Leaf
3. "California Sun" - Brian Wilson
4. "On A Roll" - Carbon Leaf
5. "Heart Of The Day" - Carbon Leaf
6. "Let Your Troubles Roll By" - Carbon Leaf
7. "Walking In The Sun" - Carbon Leaf
8. "Follow That Monkey" - Jackie Greene
9. "Moon Man" - Heitor Pereira
10. "Going East" - Heitor Pereira
11. "Giving A Hand" - Heitor Pereira
12. "Zoo" - Heitor Pereira
13. "Friendship" - Heitor Pereira

発売元の429 Recordsのサイトでは、何とフルコーラス試聴可能!! 現代はストリーミング再生のファイルも簡単に保存できる時代だし、いいのかなあ?

ちなみにRIVIERASのヴァージョンはこちらでどうぞ。ブライアンのヴァージョンは、可能な限りRIVIERASのヴァージョンを尊重して制作されたことがわかる。


実はこの曲の大元のオリジナルは、1960年に"You Talk Too Much"のヒットを放った黒人シンガー、ジョー・ジョーンズ(Joe Jones)のヴァージョンであった。なかなか泥臭いニューオーリンズ・サウンドだ。



Curious George

『おさるのジョージ』は1940年、ハンス・アウグストとマーガレットのレイ夫妻による絵本のシリーズとして誕生し、日本では1954年に『ひとまねこざる』として訳本が出版されたのが始まり。そのイラストは文房具などに頻繁に使用されているので、絵本を読んだことがなくても、絵柄を見れば分かる人は多いだろう。
1999年より『おさるのジョージ』という題で邦訳本が出版されるようになり、2006年にアメリカで初のアニメ映画化がなされた。
日本では2008年より、毎週土曜日の朝8:00よりNHK教育テレビで放映されている。『2』のエピソードは4月以降より放映される予定。"California Sun"どのように使われるのか楽しみだ。日本人が日本語詞で歌うかもしれない、という危惧はあるが・・・

(Thanks to あいぼん さん)
スポンサーサイト
2010-03-07 (Sun) | 記事URL | Brian Wilson | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。