スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブライアン派のツアー予定
BrianAlDavid

BEACH BOYSよりマイク&ブルースに事実上放逐されてしまった形のブライアン、アル、デヴィッドだが、現在のところ以下のライヴ予定が入っている。

Beach Boys Fan Clubより

April 18-21 — Las Vegas (Rock and Roll Fantasy Camp, MGM Grand, with Jeff Foskett, Probyn Gregory, Darian Sanahaja, Scott Bennett, and Billy Hinsche)**
July 20 — Atlantic City, NJ (The Grand @ The Golden Nuggett)**
July 21 — Pittsburgh, PA (Stage AE, outdoor stage, 6:30 p.m.)**
July 23 — Interlochen, MI (Interlochen Center for the Arts, Kresge Auditorium, with Wilson Phillips)**
July 25 — Kettering, OH (Fraze Pavilion)**
July 26 — Highland Park, IL (Ravinia Festival Pavilion)**
July 27 — Apple Valley, MN (Minnesota Zoo, Weesner Family Amphitheater)**
October 20 — Los Angeles, CA (Greek Theatre)**

*10月のLA以外は地方の比較的小さな会場でのライヴであるが、「リユニオン・ツアーでは小規模会場でのツアーができない」と言い訳するマイクへのアンチテーゼかもしれない。
23日のWILSON PHILLIPSとの共演は特に注目だろう。
スポンサーサイト
2013-03-31 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | COM(0) | TB(0) | 
Gibson ES335-12 リイシュー

Gibson Memphis ES-335 12-Strings Vintage SunburstGibson Memphis ES-335 12-Strings Vintage Sunburst

Gibson Memphis

商品詳細を見る


カール・ウィルソンがエピフォン・リヴィエラ12弦のサブとして80年代以降に使用した、ギブソン Gibson ES335-12が今年に入ってリイシュー発売されている。イケベ楽器での販売価格は268,000円(税込)

<SPEC>
BODY.....Plain Maple Top,Back & Rims
NECK.....Mahogany
FINGERBOARD.....Rosewood 22frets
HARDWARE.....Chrome
BRIDGE.....Nashville T.O.M Bridge / Trapeze Tailpiece
MACHINEHEAD.....Mini Grover Tuners
PICKUP.....Burst Bucker #1 (R) & #2 (T)
CONTROL.....2 Push/Pull Volume-2Tone-3way Toggle SW
【SN.ME300118/Weight≒3.80kg】
■専用ブラウン・ハードケース付属
■認定書付属

ES335-12

カールは1970年代後半に愛用のエピフォン・リヴィエラ12弦サンバーストのネックを折ってしまい、ボディの鳴りを気に入っていたので捨てるには惜しく、ネックを修理するために親会社ギブソンの代理店に持ち込んだところ、エピフォン・リヴィエラ12弦がすでに生産中止となっていたため、ES335-12のネックが付けられて戻ってきた。カールはこの状態のモデルを晩年まで愛用し、79・91年の来日公演でも使用した。
エピフォン・リヴィエラ12弦もES335-12とほぼ同じボディ構造だが、大きく異なる点はピックアップがミニ・ハムバッカーであることで、サウンドがES335-12より繊細でクリアである。

Epiphone Riviera 12

その後、カールはサブ・ギターとしてES335-12も入手しており、ピックアップをミニ・ハムバッカーに交換した。そのモデルは現在、LAのグラミー・ミュージアムのBEACH BOYSコーナーに寄贈されて展示されている。もともとラージ・ハムバッカー搭載のモデルだったので、隙間埋めのためにエスカッションが大きい。
Carl's ES335-12

2013-03-31 (Sun) | 記事URL | Carl Wilson | COM(0) | TB(0) | 
名プロデューサー、フィル・ラモーン死去
Phil Ramone

時事通信ドット・コムより

フィル・ラモーン氏死去=米音楽プロデューサー
 フィル・ラモーン氏(米音楽プロデューサー)30日、ニューヨークで死去、72歳。ビルボード誌によると、大動脈瘤(りゅう)のため入院していた。
 南アフリカ出身。58年にレコーディングスタジオ「A&R」を立ち上げ、ポール・サイモン、ポール・マッカートニー、バーブラ・ストライサンドらのヒット曲を手掛けた。グラミー賞受賞は14回に及ぶ。
 革新的な技術を活用したことで知られ、世界初のCDとして発売されたビリー・ジョエルのアルバム「ニューヨーク52番街」をプロデュースしたほか、初のポピュラー音楽DVDにも携わった。(ニューヨークAFP時事)。(2013/03/31-08:54)

※その他の経歴についてはフィル・ラモーンの公式サイトを参照してください。
BEACH BOYSとの関わりとしては、ブライアン・ウィルソンとバート・バカラックの共作“What Love Can Do”とブライアンのソロによる“God Only Knows”の再録ヴァージョンを含む、2007年にリリースされたコンピレーションCD“New Music From An Old Friend”(09年に曲順などを改めて“What Love Can Do”として再発)をプロデュースしています。
ソフト・ロック・ファンにはFREE DESIGNのエンジニアとして、クリアな音像を創造したことで知られていますね。

What Love Can DoWhat Love Can Do
(2009/08/04)
Various Artists

商品詳細を見る
2013-03-31 (Sun) | 記事URL | Friends | COM(0) | TB(0) | 
音楽ライターのポール・ウィリアムス(Paul Williams)死去
Paul Williams

U~T San Diego より

ブライアン・ウィルソンのコメント(facebookより)
「ポール・ウィリアムスは“SMILE”制作中に僕の家に来た少年だった。僕らはたくさん話して、新曲のアセテートを聴かせてあげた。彼が本当にそれを気に入ってくれたのが忘れられない。それから彼は“Crawdaddy”を創刊して、素晴らしい本をたくさん書いた。ポールが今週亡くなったことで、僕は彼の家族にお悔やみの言葉を述べたい。
Love and Mercy ブライアン」

ウィキペディア日本版より

ポール・ウィリアムズ (音楽評論家)

ポール・ウィリアムズ(Paul Williams, 1948年5月19日 - 2013年3月27日 )は、アメリカ合衆国のジャーナリスト、ライター。フォーク歌手の金延幸子は最初の妻。アンチ・フォークの歌手シンディ・リー・ベリーヒルは、三番目の結婚相手で現在の妻。
ボストン生まれ。まだ17歳だった1966年に、世界初のロック評論誌「クロウダディ!」を創刊。「ロック評論の父」と呼ばれる。
1972年に来日。細野晴臣プロデュースの「み空」でデビュー前のシンガー金延幸子と知り合い、結婚。二児をもうけるが、のち離婚。
また、SFファンでもあり、生前から親交があったSF作家フィリップ・K・ディックの著作権管理人だったこともある。「フィリップ・K・ディック協会」の機関紙の編集者や、ディック短編全集の編者などをつとめた。他にシオドア・スタージョン短編全集の編者も担当。
1995年の自転車事故で脳挫傷を受け、また、若年性認知症の発症で、長年フルタイムの介助が必要な状態であった。

【翻訳された著書】

『アウトロー・ブルース』室矢憲治訳 晶文社、 1972年
『ニューヨーク・ブルース』真崎義博訳 音楽之友社、 1975年
『ボブ・ディラン ひと粒の砂にさえも』三浦久訳 プレイガイドジャーナル社、 1981年11月
『フィリップ・K・ディックの世界 消える現実』小川隆、大場正明訳 ペヨトル工房、1991年6月
『ボブ・ディラン 瞬間(とき)の轍 <1> 1960-1973』菅野彰子訳 音楽之友社、 1992年3月
『ダス・エナーギ 精神のエネルギー経済学』Moko訳 春秋社、 1992年4月
『ボブ・ディラン 瞬間(とき)の轍 <2> 1974-1986』菅野彰子訳 音楽之友社、1993年4月
『ロックンロ-ル・ベスト100シングル』菅野彰子訳 音楽之友社、1995年4月
『ブライアン・ウィルスンそしてビーチ・ボーイズ』五十嵐正訳、ブルース・インターアクションズ 2000年8月

※後進に多大な影響を与えた偉大なロック・ライターが亡くなりました。安らかにお眠りください。
『ブライアン・ウィルスンそしてビーチ・ボーイズ』は自動翻訳丸出しの酷い翻訳だったので、是非翻訳をやり直してほしいものです。
2013-03-31 (Sun) | 記事URL | Friends | COM(0) | TB(0) | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。