スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
グッド・ヴァイブレーション~ビーチ・ボーイズ・ソングブック 7月4日発売!!
Good Vibrations

情報源:ソニー・ミュージック

ビーチ・ボーイズの名曲を集めたカヴァー集!!
ビーチ・ボーイズの初期サーフィン/ホット・ロッド時代から70年代前半までのオリジナル・ヒット~代表曲のカヴァー作品集。海外ではビーチ・ボーイズのカヴァー作品を集めたコンピレーションCDが各種リリースされてもいるが、本作は日本独自企画による決定版コンピレーション。長い歴史を誇るソニー/BMGならではの幅広いカタログをメインに厳選したクオリティの高い作品を収録。世界初CD化、日本初CD化となるレア音源も収録、ビーチ・ボーイズのビギナーからマニアまで納得させるセレクション。ポップス・ファン必携の1枚。

通常価格¥2,000(税込)
Blu-spec/ソニーレコーズ インターナショナル/SICP-20390
7月4日発売

ウーゴ・モンテネグロ楽団 (アーティスト), レイフ・ギャレット (アーティスト), ブルース&テリー (アーティスト), ザ・キングズ・シンガーズ (アーティスト)他

当初の収録予定は以下の通りでした。

God Only Knows/Andy Williams
Disney Girls/Bruce Johnston
Don't Worry Baby/California Music
Disney Girls/Cass Elliot
Good Vibrations/Hugo Montenegro & His Orchestra
California Girls/Leif Garrett
The Warmth Of The Sun/Melissa Manchester
Darlin'/Paul Davis
J'ai pas le Temps/Petula Clark
Mister John B./Sylvie Vartan
Surfin' U.S.A./The Astronauts
Please Let Me Wonder/The King's Singers
Little Deuce Coupe/The Rip Chords
Don't Worry Baby/The Tokens
409/The Tokens
Shut Down/The Tokens
Hawaii/Bruce & Terry
Summer of '81:The Beach Boys Medley/The Cantina Band
Surfer Girl/The Astronauts
I Get Around/The Catalinas feat.Terry Melcher/Bruce Johnston
Fun Fun Fun/Leif Garrett
Be True To Your School/Papa Doo Run Run
Surfin' U.S.A./The Hot Doggers
Dance Dance Dance/Wilson Phillips
In My Room/Wilson Phillips

現在のインフォメーションでは以下の通りです。

01. グッド・ヴァイブレーション(トッド・ラングレン)
02. ドント・ウォリー・ベイビー(カリフォルニア・ミュージック)
03. ダーリン(ポール・デイヴィス)
04. 409(ザ・トーケンズ)
05. リトル・デュース・クーペ(リップ・コーズ)
06. シャット・ダウン(リップ・コーズ)
07. サーフィン U.S.A.(アストロノウツ)
08. ヘルプ・ミー・ロンダ(ジョニー・リヴァース)
09. スループ・ジョン・B(シルヴィ・バルタン)
10. グッド・ヴァイブレーション(ウーゴ・モンテネグロ楽団)
11. カリフォルニア・ガールズ(レイフ・ギャレット)
12. 夢のハワイ(ブルース&テリー)
13. ヘルプ・ミー・ロンダ(ブルース&テリー)
14. プリーズ・レット・ミー・ワンダー(キングズ・シンガーズ)
15. 神のみぞ知る(アンディ・ウィリアムス)
16. キャロライン・ノー(ニック・デカロ・アンド・オーケストラ)
17. ディズニー・ガールズ(キャス・エリオット)
18. ドント・ウォリー・ベイビー(ザ・トーケンズ)
19. グッド・ヴァイブレーション(カウシルズ)
20. 409(リップ・コーズ)
21. シャット・ダウン(ザ・トーケンズ)
22. ノー・ゴー・ショーボート(ペトゥラ・クラーク)
23. グッド・ヴァイブレーション(フロイド・クレーマー)
24. ディズニー・ガールズ(ブルース・ジョンストン)
25. 太陽の下で(メリサ・マンチェスター)

かなり変わっています。
ブルース&テリー関連の楽曲や、現在の再集結BBにもドラムで参加しているジョン・カウシルのいたファミリー・グループ、COWSILLSの"Good Vibrations"は特にお勧めですよ!!
かつてビクターが発売していたRCA/BMG系のアーティストの楽曲も収録されているのがポイントですね。
EMIなどでも同様の企画盤を出してほしいのですが…
スポンサーサイト
2012-06-30 (Sat) | 記事URL | Bruce Johnston | 
お詫び【BBFUNチケット・サーヴィス】6月中の発送ができなくなりました
BBFUNチケットサーヴィスをご利用くださった皆様、大変お待たせして申し訳ありません。
実は、大阪公演のチケットが、再三催促しているにも関わらず、まだ手元に届いておりません。
千葉・名古屋公演のチケットと、人数分のフライヤー第2弾はすでに届いているのですが、複数の公演をお申し込みの方もいらっしゃり、公平を期するために、同時発送とさせていただいています。
大阪公演のチケットが届き次第、特典と共に発送させていただきます。
何卒ご了承ください。

PS:チケットの振り分け・発送に関するミーティングを、名古屋市内で行う予定です。
決まり次第告知しますので、ご都合の良ろしい方、是非振り分けと発送を手伝ってください!!
2012-06-30 (Sat) | 記事URL | Beach Boys | 
最新デジタル・リマスタリング・シリーズ全12タイトル 7/25発売決定!
情報源:EMIミュージック・ジャパン

remaster.jpg

今年メジャー・デビュー50周年を迎えたビーチ・ボーイズ。
バンドの中心メンバー、ブライアン・ウィルソンが復帰し、新作『ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ~』の発表にワールド・ツアー、そして8月にはブライアン・ウィルソンが参加した日本公演としては実に33年ぶりとなる待望の来日公演も実現。
これを記念して、ビーチ・ボーイズのオリジナル名盤12タイトルの最新リマスタリング・シリーズを7月25日に発売することが決定しました。 「アイ・ゲット・アラウンド」の最新ステレオ・ミックスなど、世界初登場となる音源も収録です!

今回のリマスタリングは、2011年に遂に正規盤として発売されたアルバム『スマイル』で、ブライアン・ウィルソンとの共同プロデューサーだった、アラン・ボイド、マーク・リネット、デニス・ウルフが担当、オリジナル・マスターを使いアメリカで行われました。

リマスターされる名盤全12タイトルの中で、モノ・ヴァージョンとステレオ・ヴァージョンの2ヴァージョンが収録されるアルバムのうち、『サーフィン・U.S.A.』(オリジナル発売年:1963年)、『サーファー・ガール』(1963年)、『リトル・デュース・クーペ』(1963年)、『シャット・ダウン Vol.2』(1964年)、『オール・サマー・ロング』(1964年)の5枚は、モノ・ヴァージョンが今回世界初CD化となります。

そして同じくモノ&ステレオ収録の『トゥデイ』(1965年)、『サマー・デイズ』(1965年)、『パーティ』(1965年)、『スマイリー・スマイル』(1967年)の4枚は、今回のプロデューサー、マーク・リネットらにより新たにステレオ・ミックスされたヴァージョンが、レコード時代も含め、世界初登場となります!
『オール・サマー・ロング』に収録されているビーチ・ボーイズの代表曲の一つ「アイ・ゲット・アラウンド」も『スマイリー・スマイル』に収録されている「グッド・ヴァイブレーション」も、40年以上の時を経て、最新ステレオ・ミックス・ヴァージョンとしてよみがえります。

そのほか、『ペット・サウンズ』(モノ&ステレオ、1966年)は、2012年最新デジタル・リマスタリング、『サンフラワー』(ステレオのみ、1970年)、『サーフズ・アップ』(ステレオのみ、1971年)は2009年の最新リマスタリング音源が使用されています。

これらは現時点では全て日本国内盤のみの発売、パッケージは新装デジスリーヴ仕様となる予定です!

現在行われているビーチ・ボーイズのワールドツアーはまさにベスト・オブ・ビーチ・ボーイズともいえる内容で、この12枚に収められた往年の大ヒット曲のオンパレード。
日本公演もそんな感動のステージになること間違いなしなので、是非このリマスター盤で予習をしてから、コンサート本番に臨んでください。

●ビーチ・ボーイズ
オリジナル名盤 最新デジタル・リマスタリング・シリーズ全12タイトル
2012年7月25日発売 各 2,600円(税込)
U.S.最新デジタル・リマスタリング デジスリーヴ仕様  解説・歌詞・対訳付

1.『サーフィン・USA』(モノ&ステレオ)
2.『サーファー・ガール』(モノ&ステレオ)
3.『リトル・デュース・クーペ』(モノ&ステレオ)
4.『シャット・ダウン Vol.2』(モノ&ステレオ)
5.『オール・サマー・ロング』(モノ&ステレオ)
6.『トゥデイ』(モノ&ステレオ)
7.『サマー・デイズ』(モノ&ステレオ)
8.『パーティ』(モノ&ステレオ)
9.『ペット・サウンズ』(モノ&ステレオ)
10.『スマイリー・スマイル』(モノ&ステレオ)
11.『サンフラワー』(ステレオ)
12.『サーフズ・アップ』(ステレオ)

※2012年最新デジタル・リマスタリング(アルバム11、12:2009年最新デジタル・リマスタリング)
1~5:世界初CD化モノ・ヴァージョン収録
6~8、10:世界初登場ステレオ・ミックス・ヴァージョン収録

*これが噂の最新リマスター盤ですか!!
モノ&ステレオになるとは聞いていましたが、"I Get Around" "Good Vibrations"の悲願のステレオ化は大朗報です!!
左横にバンド名が入るデジパックのデザイン、BEATLES関連盤の真似っぽくてちょっと嫌です。
"Be True-"のシングル・ヴァージョンと"Help Me Rhonda"も当然初のステレオ化になるのですよね?!
"SURFIN' SAFARI"と"WILD HONEY"はまだステレオ・リミックス作業が済んでいないだけだと信じたいですね。
あと"SMILE"も完全ステレオ化してほしいところです!!
2012-06-28 (Thu) | 記事URL | Beach Boys | 
BEACH BOYSのヴィデオ特集 6/28 22:00~22:30


Live broadcast by Ustream

http://www.ustream.tv/channel/4179479

録画するならOrbitというフリーソフトがお勧めです!! 予約録画可能です。
2012-06-28 (Thu) | 記事URL | 未分類 | 
ビーチ・ボーイズとジャパン・ジャム 文:原由子
ビーチ・ボーイズとジャパン・ジャム

BB2012

再結成したビーチ・ボーイズ=Robert Matheu氏撮影

 デビュー50周年を迎えたビーチ・ボーイズ。今年2月に行われたグラミー賞授賞式には、ブライアン・ウィルソン、マイク・ラブ、アル・ジャーディン、ブルース・ジョンストン、デビッド・マークスの5人が久々にそろって登場。「グッド・バイブレーション」を演奏し、ファンを喜ばせてくれましたが、続いて再結成ワールドツアーを行う事を発表! 現在北米をツアー中です。
 中心メンバーであったウィルソン3兄弟のうち、カールとデニスは既に故人となってしまいましたし、ブライアンの健康問題やメンバー間の訴訟問題もあり、ビーチ・ボーイズ復活は難しいのではと思っていましたが、現存するメンバーがそろって原点に戻ったかのように楽しそうに歌っている姿を再び見る事が出来て本当に嬉(うれ)しいです。
 8月には来日して東京、大阪、名古屋で公演を行う事が発表されました。ブライアン抜きのメンバーや、ブライアンのソロ来日公演はありましたが、ブライアン参加のビーチ・ボーイズが来日するのはなんと33年ぶりだそうです。その33年前のライブというのが、1979年8月に江の島で行われたジャパン・ジャム。光栄な事に私たちサザンオールスターズも出演させて頂きました。
 今思えば前座とは言えビーチ・ボーイズと同じステージに立たせて頂いたなんて夢のようです。控室では、気さくに挨拶(あいさつ)して下さったな~。マイクは桑田に空手をしかけるふりをするなど明るくて。だけどブライアンは調子悪そうだったな~なんて色々と思い出されます。
 会場には横須賀から米兵が大勢来ていて、大盛り上がりでした。私たちははっぴ姿で「勝手にシンドバッド」などを演奏。「ラララ~」のメロディーが覚えやすかったらしく、ビーチ・ボーイズのスタッフが私たちの顔を見ると「ラララ~」と歌ってくれて嬉し恥ずかしでした。ビーチ・ボーイズの演奏はもちろん最高! クライマックスの「ファン・ファン・ファン」の時にはちょうど江の島の向こう側に夕日が沈み、幻想的で忘れられないシーンでした。
 あれから33年。アルバム「ゴッド・メイド・ザ・ラジオ~神の創りしラジオ」を6月に発売する事も発表。今年はビーチ・ボーイズから目が離せません。

原 由子(はら・ゆうこ)
サザンオールスターズのキーボーディストとして1978年デビュー。ソロアーティストとしてもアルバム『MOTHER』『東京タムレ』などを発表している。

(朝日新聞 5/21/2012 夕刊 あじわい夕日新聞 より)
http://www.asahi.com/showbiz/column/harayuko/TKY201205200119.html

※元サイトでは消されてしまいましたので、保存したものをここにアップさせていただきました。
2012-06-10 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
ジョー・トーマスについて
Joe Thomas

from Wikipedia (多少加筆してあります)

ジョー・トーマスは、音楽・映像分野で25年以上の経験を持つアメリカのプロデューサー・ディレクターである。
1980年代にRIVER NORTH RECORDERSを設立、ビリー・アイドルの"Mony Mony"を録音した。当時そこはシカゴで最大のレコーディング設備であった。他にはポール・マッカートニーの90年作のライヴ盤“Trippin' The Light Fantastic” と、エルトン・ジョンのトリビュート・アルバム“Two Rooms”もそのスタジオや機材で録音された。
1991年までに、トーマスはRIVER NORTH RECORDERSの他、ポリグラムの子会社PLATINUM ENTERTAINMENTの社長になっていた。PLATINUMの社長として、トーマスは、BEACH BOYS、ピーター·セテラ、ウィリー·ネルソン、トビー·キース、アラン·パーソンズを手がけて成功した。INC.MAGAZINEによると、同社は1996年に最も急成長した会社の一つであったという。同社は1997年に株式公開した。
トーマスは1997年初めに同社を去り、その後2年間をブライアン・ウィルソンと共同制作のために費やし、アーヴィング・エイゾフの運営するGIANT RECORDSと契約し、アルバム"IMAGINATION"を発表。99年から始まったブライアンのソロ・ツアー序盤の音楽監督を務めたが、7月の日本公演直前にトラブルのため離脱した。

トーマスは2000年に映像分野に進出し、ベテランのシカゴ在住のテレビジャーナリストのビル・カーティスとKurtis HD Partnersを設立。A&E、PBS、NBCなどのTVネットワーク向けに高解像度のハードニュースドキュメンタリーを制作。 Kurtis HD Partnersは成功を納めたが、トーマスの興味は依然エンターテイメントにあり、その高解像度技術を音楽産業で活用できないかと考え、HD Ready, LLCを設立した。
HD Ready, LLCを2001年に発足させて以来、トーマスは現在まで7シーズン、100エピソード以上を数えるPBSの音楽番組"Soundstage"の監督と制作を務め、絶賛を浴びている。これまでにジョン·メイヤー、BBキング、ケニー·チェズニー、FLEETWOOD MAC、トム·ペティ、HEART、ジョン·フォガティ、COUNTING CROWES、ジョシュ·グローバン、ジュエル、ロバート·プラントらのエピソードが制作されてきた。

さらに、トーマスは大ヒットしたライブ·パフォーマンスDVDのいくつかを制作・監督している。Fleetwood Macの" Live in Boston"は『ビルボード』誌のチャートで初登場2位を記録した。Tom Petty and the Heartbreakersの"Live from Gatorville"はプラチナ・ディスクを記録し、その一部はPeter Bogdanovichが制作したドキュメンタリー番組"Runnin' Down A Dream: Tom Petty and the Heartbreakers A Film"で使用され、Sundance Film Festivalで上映された。トーマスが監督し、HD Readyが制作した"Dave Matthews Band: Weekend on the Rocks"は、コロラド州のRed Rocks Amphitheaterで4夜に渡って行われたライヴを編集したもので、2005年で最も売れたロックDVDの1つとなった。
トーマスは2007年11月に放映されたA&Eネットはワークの音楽番組"A&E Rocks"にてBON JOVIを取り上げた。同月に発売されたその全長版DVD"Bon Jovi Lost Highway:The Concert"は、2008年4月にプラチナ・セールスを記録した。
2008年のサンクスギビング・デイ(11月第4木曜)に放映されたフェイス・ヒルの特番"Joy to the World"も監督・制作している。
2009年3月、スティービー·ニックスはジョー・トーマス、ワディ・ワクテルとの共同制作・監督によるアルバム"The Soundstage Sessions" と、DVD"Live in Chicago" をリリースした。
トーマスは彼の会社HD Readyにて、述べ113時間以上ものTV番組を制作・監督し、PBS, Palladia, CMT, Rave HD, GACで放映してきた。彼の制作してきた番組は、海外20以上の国々で放映・発売されている。
2012-06-10 (Sun) | 記事URL | Friends | 
NHK総合『SONGS』にて、6月16日にBEACH BOYS特集
Hollywood Bowl
Hollywood Bowl2

6月1日、ハリウッド・ボウル公演の模様。

NHK総合テレビで毎週土曜日午後11:00~11:29より放映されている音楽番組『SONGS』に、6月16日、いよいよ我らのBEACH BOYSが登場します!!
是非とも録画予約の用意を忘れずに!!


なお、NHK総合にて6月22日(金)午前1:40~2:09[21日(木)深夜にも再放送があります。ニュース速報対策にこちらも予約録画しておきましょう。

ポップス音楽史に輝かしい伝説を残し、ビートルズと並んで数多くのアーティストに影響を与えてきたアメリカ・ポップス界の金字塔、ビーチ・ボーイズ。
彼らの輝かしい足跡とメンバーの事故死や中心メンバー、ブライアン・ウィルソンの闘病など失意の日々、そして独自の最新インタビューを交えて、ベテラングループのヒストリーを紹介する。
また、今回の全米ツアーから彼らの地元・ロサンゼルス公演を取材し、世界中に愛される永遠のヴィンテージ・ポップスの魅力を貴重な映像の数々とともに送る。
2012-06-10 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。