WILSON PHILLIPS、両親に捧げたアルバム"DEDICATED"、4月3日にソニーよりリリース!!
DEDICATED
Dedicated

1. California Dreamin'
2. Wouldn't It Be Nice (vo:Wendy)
3. Dedicated to the One I Love (w:Owen Elliot)
4. Don't Worry Baby (vo:Chynna)
5. Twelve-Thirty
6. I Can Hear Music
7. Monday Monday
8. Do It Again
9. Got A Feelin'
10. Fun, Fun, Fun
11. God Only Knows
12. Good Vibrations (vo:group a cappella)

父親に負けじと、娘たちのグループWILSON PHILLIPSも動き出した。
4月にリリース予定のアルバムは、カーニー&ウェンディの父親ブライアン・ウィルソンが率いたBEACH BOYSと、チャイナの両親ジョン&ミシェル・フィリップスが中心となったMAMAS & PAPASのヒット曲をカヴァーしたものとなる。
90年のデビュー当時は、各方面から要望があったにも関わらず、親たちの曲を取り上げることをかたくなに拒んできた彼女たちであったが、93年の一旦解散後はそのようなわだかまりも徐々に薄れ、失われていた親との絆を取り戻すことに努め、そのためには一緒に音楽活動を行うことも厭わなくなり、95年にはブライアンのソロ・アルバム"I JUST WASN'T MADE FOR THESE TIMES"での"Do It Again"のリメイクにウィルソン姉妹が参加し、97年にはウィルソン姉妹とブライアンの共同制作アルバム"THE WILSONS"の発表に至った。
その後彼女たち3人ともが結婚して子を産み育てていく過程で、改めて親への感謝の念を抱くようになり、本作の制作に至ったようだ。すでにWPは2004年リリースの前作"CALIFORNIA"にて"Dance, Dance, Dance" "In My Room" "Monday, Monday"を取り上げており、2007年に180 MUSICよりリリースされたオムニバス"A SONG FOR MY FATHER"にて、チャイナが"Got A Feelin'",ウィルソン姉妹が"The Warmth Of The Sun"をそれぞれの親に捧げている。2010年リリースのクリスマス・アルバム"Christmas In Harmony"では、"Our Prayer"に挑戦した。
今作のプロデュースはカーニーの夫で、The Better Daysというバンドで活動していたロブ・ボンフィグリオ。彼は"CALIFORNIA"アルバムからWPの活動やカーニーのソロ活動に協力しており、今年行われているWPのコンサート・ツアーにもミュージカル・ディレクター、ギタリストとして同行している。
BBの曲は男性の立場から歌われる詞であるため、歌い手の性別と詞の性別を一致させるという英語の原則のため、その原則から外れる部分は歌詞が一部変更される模様。
ブライアンは録音には参加しなかったものの(PVには登場)、後にBBのヒット曲ともなったカリフォルニア聖歌 1.を冒頭に持ってきているところに公平性を感じる。
3. にはWPの前身グループに短期間参加していたキャス・エリオットの娘オウエンが"応援"参加している。彼女はアル・ジャーディンが98年にBEACH BOYS FAMILY & FRIENDSを立ち上げた際にも、カーニー&ウェンディと共に短期間参加した。
12.は何と全編アカペラで歌われ、テルミンなどの楽器パートすら声で再現されるという。

アルバムの発売直後、4月8日にはアメリカTV Guide Networkにて、"Still Holding On"というドキュメンタリー特番が放映される予定。平行してアメリカ、カナダを回るツアーも行われる。スケジュールはこちら。ツアー・メンバーには惜しくも再集結BBのラインナップから外れたマット・ジャーディンもヴォーカル、パーカッションで加わる。

参照:WILSON PHILLIPS MUSIC.com

2012-02-26 (Sun) | 記事URL | Wilson Phillips | 
レッキング・クルーの訃報相次ぐ
1960年代にBBのレコーディング・セッションに参加した、いわゆる"Wricking Crew"(破壊集団)と呼ばれたLA在住のスタジオ・ミュージシャンも、現在は多くが70歳を越え、鬼籍に入る人が出てきている。

Al De Lory
Al De Lory (Jan. 31, 1930 - Feb. 5, 2012 写真は1960年代撮影)
2月5日には元キャピトルのA&Rマンで、アレンジャー、ピアニストのアル・デ・ローリーが82歳で亡くなった。12日の第54回グラミー賞授賞式にて、グレン・キャンベルの妻キムが明かした。死因は非公表。
スタジオ・ミュージシャンであった父親からピアノを習い、陸軍で軍楽隊のアレンジを行い、除隊後はスタジオ・ミュージシャンやクラブ・ピアニストなどとして活動。ラリー・ヴァーンのノベルティ・ヒット"Mr. Custer"はデ・ローリーが50年代後期に作曲した曲である。
60年代に入ってからはLAでフィル・スペクター関連のセッションに参加するようになる。スペクターがプロデュースしたCRYSTALS"He's A Rebel"の印象的なピアノは彼のプレイだ。その後キャピトルとA&Rエグゼクティヴとして関わり、BBにも関わるようになる。代表的なところでは"California Girls"のオルガン・プレイが挙げられる。とりわけエンディング前のソロは、デ・ローリーにとって最も忘れられないプレイだという。"Good Vibrations"ではブライアンのピアノ・プレイに対する実験に関心を持ち、弦をクリップで留めてハープシコードのような音にしたタック・ピアノなどを好んで弾いた。
1967年以後はレッキング・クルー仲間であったグレン・キャンベルのレコーディングにプロデューサー、アレンジャーとして関わり、"By The Time I Get To Phoenix" "Wichita Lineman"といったグラミー受賞曲をはじめとしたヒット曲を次々と生み、グレンのライヴ・バンドにもキーボードで常に加わっていた。
娘のドナ・デ・ローリーは多くのアーティストのセッションにバッキング・ヴォーカルで参加するミュージシャンとなり、特にマドンナのツアーには1987年から2006年までバッキング・ヴォーカリスト、ダンサーとして参加していた。

Billy Strange
Billy Strange (September 29, 1930 ‐ February 22, 2012 写真は1970年撮影)

2月22日にはビリー・ストレンジが81歳で亡くなった。死因は非公表。
1930年、カリフォルニア州ロングビーチ生まれ。1950年代前半より裏表両面こなせるギタリストとして活動。VENTURESなどのレコーディングにサポートで加わった他、自身名義のギター・インスト・アルバムを数多くリリースしている。
BBには“Surfin' USA”より関わったという説があるが、同曲のセッションシートには記載されていない(余談ながら、同曲のドラムスは長年ハル・ブレインと言われていて、本人もそう主張していたが、実際はFrank DeVitoなる人物のプレイだそうだ)。しかし、特に1965~66年頃のセッションではほとんど筆頭リード・ギター担当と呼べる活躍をしている。“Sloop John B.”はブライアンの要請でフェンダー・エレクトリック12弦を買い与えられてプレイしており、“Pet Sounds”タイトル曲では彼のメイン・ギターであるフェンダー・ジャガー(写真参照)をハモンド・オルガン用のレズリー・スピーカーに通して印象的なリード・ギターをプレイしている。
ストレンジはナンシー・シナトラのアレンジャーとしても活動し、とりわけヒット曲“These Boots Are Made For Walkin'”のイントロなどの下降ベース・ラインや、007シリーズの同名映画の主題曲となった“You Only Live Twice”(「007は二度死ぬ」)シングル・ヴァージョンのギター・リフなどが印象的である。またマック・デイヴィスと組んで、エルヴィス・プレスリーの“A Little Less Conversation”(2002年に Junkie XLがリミックスしてリヴァイヴァル・ヒットとなった)などの映画挿入曲を作っている。

Mike Melvoin
Mike Melvoin (May 10, 1937 – February 22, 2012 写真は2000年代撮影)

ストレンジと同じ22日には、ピアニストのマイク・メルヴォワンも亡くなった。享年74。
1961年よりジャズ・ピアニストとしての活動を始めており、プロ・ミュージシャンとしてのキャリアはBBとほぼ同期である。自身名義のジャズ・アルバムを1966~2006年の40年間に11作リリースしている。その他セッション参加も多く、BBでは代表的なところとして“Good Vibrations”のセッションにピアノ、オルガンで名を連ねている。
なお、長女のウェンディは、1984年にWENDY&LISAとしてデビューし、1980年代にプリンス・ファミリーの一員として活躍した。
2012-02-26 (Sun) | 記事URL | Friends | 
The Beach Boys 50th Anniversary Reunion Tour Schedule (up to Feb.19,2012)
Grammy

2012年2月12日(アメリカ西海岸時間)、第54回グラミー賞のステージにて。

参照:Beach Boys Fan Club

April 24 ― Tucson, AZ (Anselmo Valencia Amphitheater, tix on sale Feb. 25)*
April 26 ― Grand Prairie, TX (Verizon Theatre, tix on sale Feb. 25)*
April 27 ― New Orleans, LA (New Orleans Jazz & Heritage Festival, tix on sale now)*
April 28 ― Atlanta, GA (Chastain Park Amphitheater, tix on sale March 11)*
April 29 ― Raleigh, NC (Raleigh Amphitheater, tix on sale Feb. 25)*
May 2 ― St Augustine, FL (St. Augustine Amphitheater, tix on sale Feb. 24)*
May 4 ― Hollywood, FL (Seminole Hard Rock Hotel & Casino)*
May 5 ― Tampa, FL (Stratz Center for the Performing Arts, tix on sale Feb. 25)*
May 8-9 ― New York, NY (Beacon Theater, tix on sale Feb. 21)*
May 11 ― Pittsburgh, PA (Benedum Hall, tix on sale Feb. 27)*
May 12 ― Uncasville, CT (Mohegan Sun Arena, first show, sold out)*
May 13 ― Uncasville, CT (Mohegan Sun Arena, second show, tix on sale Feb. 24)*
May 15 ― White Plains, NY (Westchester County Center, tix on sale Feb. 25)*
May 17 ― Bethlehem PA (Sands Bethlehem Events Center, tix on sale Feb. 24)*
May 19 ― Atlantic City, NJ (The Borgata Hotel Casino, tix on sale Feb. 24)*
May 21-22 ― Chicago, IL (Chicago Theatre, tix on sale Feb. 20)*
May 27 ― Las Vegas, NV (Red Rock Casino, tix on sale Feb. 25)*
June 1 ― Berkeley, CA (The Greek Theatre, tix on sale March 4)*
June 2 ― Los Angeles, CA (Hollywood Bowl, tix on sale Feb. 26)*
June 8 ― The Woodlands, TX (Cynthia Woods Mitchell Pavilion, tix on sale Feb. 24
June 10 ― Manchester, TN (Bonnaroo Music and Arts Festival, tix on sale Feb. 18)*
June 13 ― Cuyahoga Falls, OH (Blossom Music Center, tix on sale Feb. 25)*
June 15 ― Columbia, MD (Merriweather Post Pavilion, tix on sale Feb. 25)*
June 16 ― Camden, NJ (Susquahanna Bank Center, tix on sale Feb. 25)*
June 17 ― Bethel, NY (Bethel Woods Center for the Arts, tix on sale Feb. 25)*
June 19 ― Toronto, ON, Canada (Molson Amphitheatre, tix on sale Feb. 25)*
June 20 ― Montreal, QC, Canada (Bell Centre, tix on sale Feb. 25)*
June 22 ― Bangor, ME (Waterfront Pavilion, tix on sale Feb. 24)*
June 23 ― Saratoga Springs, NY (Saratoga Performing Arts Center, tix on sale Feb. 25)*
June 26 ― Boston, MA (Bank of America Pavilion, tix on sale Feb. 25)*
June 29 ― Darien Lakes, NY (Darien Lakes Performing Arts Center, tix on sale Feb. 25)*
June 30 ― Clarkston, MI (DTE Energy Music Theatre, tix on sale Feb. 25)*
July 1 ― Milwaukee, WI (Summerfest, Marcus Amphitheater, tix on sale Feb. 25)*
July 3 ― Virginia Beach, VA (Farm Bureau Live at Virginia Beach, tix on sale Feb. 24)*
July 10 ― Morrison, CO (Red Rocks Amphitheatre, tix on sale Feb. 25)*
July 13 ― Woodinville, WA (Chateau Ste. Michelle Winery, tix on sale Feb. 25)*
July 14 ― Eugene, OR (Cuthbert Amphitheater, tix on sale March 2)*
July 15 ― Stateline, NV (Harvey's Lake Tahoe Amphitheater, tix on sale March 9)*
July 26 ― Rome, Italy (Ippodromo delle Capannelle, tix on sale Feb. 17)*
July 27 ― Milan, Italy (Civic Arena, tix on sale Feb. 17)*
July 29 ― Gothenburg, Sweden (Tradgaardsforeningen, tix on sale Feb. 21)*
July 31 ― Oslo, Norway (Spektrum, tix on sale Feb. 16)*
Aug. 1 ― Aarhus, Denmark (Amfiscenen, tix on sale Feb. 20)*
Aug. 3 ― Berlin, Germany (O2 World Arena, tix on sale now)*
Aug. 4 ― Stuttgart, Germany (Hanns-Martin-Schleyerhalle, tix on sale now)*
Aug. 5 ― Monchengladbach, Germany (Hockey Park, tix on sale Feb. 15)*
Aug. 7 ― Lokeren, Belgium (Lokerse Festival, tix on sale Feb. 15)*
2012-02-19 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
BEACH BOYS Post-Grammy Interview
第54回グラミー賞授賞式のステージ後の インタヴュー。

2012-02-19 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
Brian Wilson, Mike Love Interview - 54th GRAMMYS
2012-02-12 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
Beach Boy Al Jardine Previews Epic Grammy Reunion Performance
2012-02-12 (Sun) | 記事URL | Al Jardine | 
グラミー賞のリハーサル映像公開、BBも出演!!
[広告] VPS


わくわくしますね!!
観られない方はこちらのURLからどうぞ。

2012-02-12 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
再集結BEACH BOYS、グラミー賞授賞式に出演予定!!
再集結BB2

リハーサルの模様。ブライアンのFACEBOOKより。
バックに左からスコット・トッテン(G)、ポール・マーテンス(Horns)、ジェフリー・フォスケット(G,Vo)、ジョン・カウシル(D)、ネルソン・ブラッグ(Per)、スコット・ベネット(K)、ブレット・サイモンズ(B)の姿が見える。


ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスの5人から成る再集結BEACH BOYSのステージが、第54回グラミー賞授賞式において実現!!

放映予定は以下の通り。

同時通訳:WOWOWプライム BS191 2月13日(月)9:30-13:00
字幕:WOWOWライブ BS192 2月13日(月)22:00-25:30

*チャンネルが異なるので、視聴や録画予約の際はご注意ください。

WOWOWのサイトでは、「5人でのパフォーマンスはほぼ20年ぶり」と書かれているが、厳密にはデヴィッドを含むこの5人のラインナップでのステージは今回が"初"である。
デヴィッド以外の4人でのステージは、カールが健在だった1996年6月14日に、ナッシュヴィルで開催されたFAN FAIR以来16年振りである。デヴィッドはアル、マイク&ブルースと個別にステージに立ったことはあるが、ブライアンとは1963年以後、ステージで共演したことがない。
今回のステージは、最優秀ポップ・パフォーマンス賞(グループ)にノミネートされているFOSTER THE PEOPLE, MAROON 5との共演となり、再集結BBはプレゼンターも務める予定。

再集結BB1

beach_boys grammy
2012-02-11 (Sat) | 記事URL | Beach Boys | 
| Top Page |