スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
『ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化』(“The Nearest Faraway Place”日本語版)刊行される
ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化
米“Billboard”誌の編集長であったティモシー・ホワイトが著し、1996年にHenry Holt & Co より刊行された大著“The Nearest Faraway Place”の国内版『ビーチ・ボーイズとカリフォルニア文化』が、15年を経た2011年12月16日、P-Vine Booksより刊行された。税込3,360円。
以下、P-Vine Booksの紹介文を転載する。

******************************

解説:海野弘
用語注釈:ジミー益子

デビュー50周年記念出版。

彼らの音楽はどこから来たのか?

20世紀のアメリカ西海岸の発展史と、
大衆音楽と若者文化について。
数世代にわたるウィルソン一家の歩みと、
LAカルチャー・シーンを通して、
ティモシー・ホワイトが書き下ろした名著!

ロサンゼルスのレコード産業発展史としても一級の資料。
ブライアン・ウィルソンはもちろん、エンターティンメント業界の重鎮たちから、
西海岸の音楽シーンを盛り上げてきたアーティストやラジオDJ、
マイナー音楽家たちに取材し、サーフロックからサイケへと、
激動のアメリカ文化史を追って詳述した本。

証言者:ビーチ・ボーイズ、ウィルソン・ファミリー、ディック・デイル、ディーン・トーレンス、ライ・クーダー、サイモン・ワロンカー(リバティ・レコード)、ジョー・スミス(キャピトル)、モー・オースティン(ワーナー=リプリーズ)、レニー・ワロンカー(リバティ、ワーナー=リプリーズ)、ハーブ・アルパート&ジェリー・モス(A&Mレコード)、シーモア・スタイン(サイアー・レコード)、ランディ・ニューマン、ヴァン・ダイク・パークス、ラス・タイトルマン、アンディ・ペイリー、ジョニ・ミッチェル、ボニー・レイット、ローウェル・ジョージ、ジェリー・ガルシア、ボブ・ウェアー、ジェイムス・テイラー、ドン・ヘンリー、エド“ビッグ・ダディ”ロス、ポール・ウィリアムス、デヴィッド・リーフ、ロジャー・マッギン、ウエスタン・レコーダーズ、ゴールド・スター・レコーディング・スタジオ、ワーナー・ブラザーズ・スタジオ関係者、サーファー誌のジョン・セバーソン、スティーヴ・ペッツマン、スティーヴ・ホーク、ラリー・ゴードン、デューイ・ウェバー、ホットロッド誌のリー・ケリー、デボラ・ベイリーなど。

<本書に登場する西海岸文化の一部>
サーフィン、ホット・ロッド、スケートボード、ガレージ文化、ミッド・センチュリー・モダン、ビーチ・パーティ映画、テレビドラマ、グーギー、南カリフォルニア建築、エド・ロス、ロウ・ブロウ・アート、カスタム・カルチャー、ピンストライプ、サイケ、ドラッグカルチャー、カリフォルニア移民史など。

<目次>
1章 長い約束の道 Long Promised Road
2章 近くて遠い場所 Nearest Faraway Place
3章 この町を離れて Leaving This Town
4章 水辺に近寄るべからず Don't Go Near The Water
5章 神のみぞ知る God Only Knows
6章 緊急停止 Shut Down
7章 お腹がすいたよ Gettin' Hungry
8章 ドキドキさせて Please Let Me Wonder
9章 太陽の暖かさ The Warmth Of The Sun
10章 君の一日に音楽を Add Some Music To Your Day
11章 心配しないで Don't Worry Baby
12章 カスタム・マシン Custom Machine
13章 ファン・ファン・ファン Fun, Fun, Fun
14章 あちこち回って I Get Around
15章 僕らのカー・クラブ Our Car Club
16章 大人になったとき When I Grow Up (To Be A Man)
17章 世界の目を覚まそう Wake The World
18章 旅立ち Break Away
19章 夜が来て Here Comes The Night
20章 孤独になるとき Time To Get Alone
21章 遅れているね It's Gettin' Late
22章 君を連れ戻すんだ Getcha Back
23章 これも同じ歌だよ That Same Song
24章 なにが悪い? What's Wrong
25章 僕を信じて You Still Believe In Me
カリフォルニア・コーリング―― 後記および謝辞 California Calling
訳者あとがき カリフォルニア・サーガ California Saga
解説 〈ビーチ〉は二十一世紀のキーワード 海野弘
用語解説 ジミー益子
ディスコグラフィー
索引

<著者紹介>
ティモシー・ホワイト(Timothy White)
1952 年生。ジャーナリスト。「クロウダディ!」「ローリング・ストーン」の編集主任を経て、「ビルボード」編集長。エミネムのラップにも登場。2002年没。著書に『ロック伝説』『ボブ・マーリィ キャッチ・ア・ファイア』など。

宮治ひろみ(みやじ ひろみ)
1961 年、新潟県高田生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業。英字新聞社を経て翻訳業。主な訳書に『ザ・ビーチ・ボーイズ・ダイアリー』(毎日コミュニケーションズ)。CD関連の翻訳では「スマイル・コレクターズ・ボックス」「ザ・バンド・ボックス」「リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド フォトブック」など多数。

******************************

【BBFUNファスト・レヴゅー】*まだ全文をきちんと読んでいないので、後日気づいた点を書きたいと思います。

本著は決してBEACH BOYS初心者や、ましてや全く知らない人向けの本ではない。むしろ、もともとBBのファンであった人々に対し、その音楽の背景や文化についてより見識を深めてもらうべく書かれた本である。
よってBBと直接関係があるの?と感じられる文章も多く散見され、それが一部の原著(英語版)読者の間で批判の的となっていたが、前書きなどで触れられている通り、BBを軸としたカリフォルニア文化紹介本と考えれば合点がいく。BBヒストリー本として読めば全体的に散漫な印象は否めないが、著者の意欲は買いたい。
そして、本著の刊行を実現してくださったブルース・インターアクションズには何よりも感謝したい。
原著掲載の写真は全体の半分ほどしか使われていないが、本著独自の写真が追加されており、特に巻頭に掲載された、エディ・ウガタ氏のS&Hレコード・コレクションの数々には圧倒される。もう少しBEACH BOYS関連レコードの写真を増やしても良いと思うのだが…
なお、P-Vine Booksのサイトには、監修を担当したサーフィン&ホット・ロッド・マニアであるジミー益子氏による特設サイトが設けられており、ここに本著には載せきれなかったデータが補足されている。本著とは直接関連のない趣味的な記述もあるが、これもS&Hマニアは目を通しておくべきである。

スポンサーサイト
2011-12-31 (Sat) | 記事URL | Beach Boys | 
ヒット曲50曲人気投票結果発表!!
EMIミュージック・ジャパンのサイトより。

http://www.emimusic.jp/intl/beachboys/ranking.htm

1.神のみぞ知る [ペット・サウンズ]
2.素敵じゃないか [ペット・サウンズ]
3.グッド・ヴァイブレーション [スマイリー・スマイル]
4.サーフズ・アップ [サーフズ・アップ]
5.ドント・ウォーリー・ベイビー [シャット・ダウン Vol.2]
6.プリーズ・レット・ミー・ワンダー [トゥデイ]
7.アイ・ゲット・アラウンド [オール・サマー・ロング]
8.カリフォルニア・ガールズ [サマー・デイズ]
9.アド・サム・ミュージック・トゥ・ユア・デイ [サンフラワー]
10.英雄と悪漢 [スマイリー・スマイル]
10.オール・サマー・ロング [オール・サマー・ロング]
10.ダーリン [ワイルド・ハニー]

一般的な有名曲“Surfin' USA”“Fun Fun Fun”がランクに入っていないのが、いかにも熱心なファンの選んだ結果という感がします。
“Wouldn't It Be Nice”が2位なのは意外に思いました。
“Add Some Music...”が上位に食い込んでいるのは、収録アルバム“SUNFLOWER”の評価がかつてより飛躍的に上昇していることと、ブライアンがソロ・ライヴで取り上げてきた影響でしょう。
50曲以外にどんな曲が挙げられたのかが、私は気になります。

ちなみに、私が発表後2日で翻訳してアップした再集結についてのプレス・リリースが、発表後4日でEMIジャパンのサイトにて公式にアップされました。

http://www.emimusic.jp/artist/beachboys/?action=news&id=8386
2011-12-29 (Thu) | 記事URL | Beach Boys | 
Claudine Longet ”Thank You Baby”
先に紹介したアンディ・ウィリアムスの奥さんであったクロディーヌ・ロンジェの歌う“Thank You Baby”のシーンが、2011年12月25日にチャンネル銀河で放映された『アンディ・ウィリアムス・ショー クリスマス・スペシャル』で登場しましたので、この場でお知らせします。
“Thank You Baby”はブルースの作曲で、BRUCE&TERRYにて1966年1月にテリー・メルチャーのヴォーカルで発表された曲。後にCAPTAIN&TENNILLEが取り上げ、ブルース自身も”GOING PUBLIC" でセルフ・カヴァーしています。
クロディーヌのヴァージョンは彼女の1969年発表のA&Mレーベルからのラスト・アルバム“RUN WILD,RUN FREE”に収録されています。プロデュースはトミー・リピューマ、アレンジはニック・デカロで、ブルースもテリーもこのレコーディングには関わってないのですが、クロディーヌの繊細なヴォーカルに甘美なハープシコードとストリングスが絡んだ素晴らしい出来栄えです。



スタジオ・ヴァージョン。音がアナログ盤落としで、スクラッチノイズが入りますが、ご了承ください。
2011-12-29 (Thu) | 記事URL | Bruce Johnston | 
Andy Williams ”God Only Knows”


2011年12月20日の午前2時より、CSチャンネル銀河で放映されている『アンディ・ウィリアムス・ショー2』で披露されました。
1967年11月6日、CBS-TV放映分です。
編曲とピアノは巨匠ヘンリー・マンシーニです。当時のオリジナル・アルバムでは、ゴールド・ディスクを獲得した“LOVE ANDY”に収録されています。
リアルタイムに近いタイミングで、この曲を取り上げるセンスが素晴らしいです!!
この回には当時の奥方の可憐なクロディーヌ・ロンジェ(彼女も“God Only Knows”やブルースの“Thank You Baby”をレコーディングしています)も出演してバレエを披露しており、大当りの回でした!!

1977年発表のジャック・ジョーンズのヴァージョンは、ブルースがこのヴァージョンを参考にしたらしいです。
2011-12-24 (Sat) | 記事URL | Others | 
The Beach Boys Announce 50th Anniversary Reunion, New Album and Tour


ブライアン、マイク、アル、ブルース、デヴィッド・マークスがCAPITOL STUDIOに一同に会して“Do It Again”をレコーディング!!
演奏メンバーは確認できる限り、ベースがブライアン・バンドのブレット・サイモンズ、ギターがニック・ワルスコとスコット・トッテンで、デヴィッドもギターを弾いてますね。ドラムスはジョン・カウシルですね。
ヴォーカルは上記のメンバー5人の他、ジェフリー・フォスケットがファルセットで加わっているようですね。
*******************************

BBのオリジナル・メンバー、ブライアン、マイク、アルにブルース、デヴィッド・マークスを加えた5人が、メジャー・デビュー50周年にあたる2012年、CAPITOL RECORDSより再集結アルバムのリリース、過去のアルバムの再発、そして50日間のワールド・ツアーに出ることが正式に発表された。
ツアーには4月27日のNew Orleans Jazz & Heritage Festival ("Jazz Fest")への出演が含まれるという。

ブライアン「デビュー50周年は僕にとって特別なものだ。BBと離れて寂しかったからね。彼らとまた新しいレコードを作ってツアーに出ることはワクワクするね。」

マイク「僕らはCAPITOL RECORDSに集まって“Do It Again”を再録した。ブライアンと僕で作って、44年前にイギリスやオーストラリアなどの国でNo.1になった曲だ。ブライアンはこんな喜ばしいことを言ってくれた。『何十年経っても素晴らしい歌声だな。』ブライアン、アル、ブルースと久しぶりにピアノを囲んで歌っとことは興奮したし、いとこのブライアンのヴォーカル・アレンジの才能の素晴らしさには改めて敬服した。デヴィッド・マークスが再び加わって、サーフ・ギターのリックを弾いてくれることもとても楽しみにしている。子供の頃から音楽が僕らの人生を繋ぎ、調合してきた。僕らがこの世界を共有しているなんてとても喜ばしいことだ。またやれるなんて素敵じゃないか?全くだよ!」

アル「BBはこの前(12月8日、カリフォルニア博物館が選定する)California Hall of Fameに選ばれた。兄弟、いとこ、友人のグループでひっそりと初めて以来、カリフォルニア賛歌を歌ってきたことで賞賛されてきた。僕は世界中のファンにコンサートで会えることに本当に興奮しているし、僕らのデビュー50周年を新しいスタジオ・アルバムと共に祝いたい。」

ブルース「僕はブライアン・ウィルソンのメロディとマイク・ラヴの詞を、多くのオリジナルのバンド・メンバーと共に再び歌えることを楽しみにしている。ブライアンの指揮で僕ら皆が録音スタジオに集って歌うとどうなるかなんて、想像してごらんよ。」

デヴィッド「僕はBBの歴史におけるこの重要な指標を、他のメンバーと祝えることを楽しみにしている。CAPITOL RECORDSとも。そこで50年前に全てが始まった。僕ら皆が再集結して、僕らの音楽を聴き続けてくれたファン達に捧げることは、僕にとって大きな意味がある。」

BBは既に数曲のレコーディングを終えており、Capitol/EMIより2012年にリリースする予定。完成までにはまだ曲が必要で、タイトルも未定であるが、現時点で言えることは、全ての現存オリジナル・メンバーが十数年ぶりに集結して参加しており、プロデュースはブライアンとマイクの共同ということだ。

BBとCapitol/EMIは50周年を記念して、2012年に全てのアルバムのリイシューと、新たなべスト盤とBOXセットのリリースを含む新たな企画も進めている。

Roger Faxon (EMIグループ総裁)「BBは世界で最も優れた、愛されたバンドであり、真のアメリカの象徴と言っても過言ではない。私たちは彼らとのパートナーシップが、デビュー50周年で新たな段階に進むことを誇りに思っており、バンドが再び集結して、他の何者にもできない素晴らしいことをやってくれることを見るのが待ちきれない。」

Colin Finkelstein(EMIミュージック・北アメリカの経営責任者)「私たちはCapitol/EMIがBBとデビュー50周年まで歴史に残る関係を続けてこれたことを誇りに思っています。BBはカリフォルニアの太陽やサーフ・カルチャーの素晴らしさを音楽に乗せて、世界中の人々に伝えてきました。私たちはBBとニュー・アルバムの制作や、過去の作品のリイシューができることが本当に楽しみです。まさしく50周年のお祝いです!!

Quint Davis(New Orleans Jazz & Heritage Festival プロデューサー)「オリジナルのBBがJazz Fest 2012に出てくれるなんて誇らしいことです。毎回素晴らしいアーティストがJazz Festの初舞台を踏んでくれるのですが、BBはまさしくアメリカの音楽と文化の象徴的集団です。毎年春に行われるJazz Festは、常に究極の"good vibrations"や"fun, fun, fun" をもたらすことを目指してきたのですが、 4月27日に再集結したBBがメイン・ステージに出演してくれることで、来場した誰もが幸福な帰郷感を得られることでしょう。私たちは皆、その魔法と楽しさを経験できることを期待しています。

BBは"Billboard"誌とNielsen SoundScanの記録にて、最もアルバムとシングルを売り上げたアメリカのバンドと認定されている。また、"Billboard"誌で36曲と最も多くのトップ40ヒットを記録しているアメリカのバンドと認定されている。
2003年のべスト盤"Sounds Of Summer: The Very Best Of The Beach Boys"はトリプル・プラチナムに輝き、2011年11月世界リリースの"The SMiLE Sessions"は、"Rolling Stone"誌でNo.1リイシュー・アルバムに選ばれている。
BBは1988年にロックンロール・ホール・オブ・フェイムに選ばれ、2001年にはグラミー賞功労賞を受賞している。BBは今やアメリカを代表するバンドとして世界中で人気を博している。

引用元(一部略):brianwilson.com


2011-12-18 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。