スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
SURF CITY ALLSTARS、4月に米軍基地慰問コンサートで来日!!
SCALLSTARS
The SURF CITY ALLSTARS with the LEGENDS OF SURF MUSIC in San Diego
(lft. to rt. back row) Gary Griffin, Philip Bardowell, David Logeman (front row lft. to rt.) David Marks, Al Jardine, Dean Torrence, Matt Jardine, Don Raymond.
※アル、ディーン、デヴィッドは今回のUSO来日公演に参加の予定はないそうです。

70年代からBBやJAN&DEANのツアー・メンバーとして時折参加し、ドラマ"FULL HOUSE"にもJESSIE&THE RIPPERSの一員として準レギュラー出演していたゲイリー・グリフィン(Vo,Key)を中心としたサーフ・バンド、SURF CITY ALLSTARSが、4月にUSO(United Service Organizations 米軍の慰問機関)主催のコンサートで来日する。
SURF CITY ALLSTARSのメンバーは他に、2月に父アルと来日して素晴らしいファルセットを聴かせたマット・ジャーディン(Vo,Per)、元マイク&ブルースのツアー・メンバーだったフィリップ・バードウェル(Vo,G)、近年のJAN&DEANのサポート・メンバーだったデヴィッド・ロングマン(Dr)とドン・レイモンド(G)。
このバンドにはアル、ディーン・トーレンス、デヴィッド・マークスのいずれか、もしくは全員がスペシャル・ゲストとして参加することがあるのだが、今回の来日公演には3人のうち誰も参加しない模様。

日程は以下の通り。
※一般は来場できないかもしれないので、来場希望の方は基地にお問い合わせください。

April 15, 2011 SURF CITY ALLSTARS
BEACH PARTY FOR THE TROOPS
Tokyo, Japan (横田基地)

April 16, 2011 SURF CITY ALLSTARS
BEACH PARTY FOR THE TROOPS
Okinawa, Japan (嘉手納基地)

情報源:SURF CITY ALLSTARS
スポンサーサイト
2011-03-23 (Wed) | 記事URL | Tour Members | 
"SMILE"より78回転!!のアナログ・シングルが発売
GV78
"SMILE"公式リリースとの関連、そしてアメリカでのRecord Store Dayを記念して、4月16日に"Good Vibrations/Heroes And Villains"の78回転・2枚組アナログ・シングルを、アメリカのレコード店店頭のみでリリースする。
内容は以下の通り。
Disc 1 Side A:Good Vibrations Side B:Heroes and Villains
Disc 2 Side A:Good Vibrations (Early Take) Side B Heroes and Villains (Alt. Take)
※テイクやミキシングはすべて1990年の"SMILEY SMILE/WILD HONEY"CD収録テイクと同じと思われる

情報源:David Beard/Examiner.com

※このシングルのために78回転を再生できるプレイヤーを入手すべきか?
こんなもの誰が聴くんだ? 老人か?(失礼!!)

2011-03-16 (Wed) | 記事URL | Beach Boys | 
BEACH BOYS "SMILE"本年いよいよ公式発売?!
Smile


Billboard.com3月11日付記事によると、 CAPITOL RECORDSは2011年後半にいよいよBB版"SMILE"を"The Smile Sessions"として公式発売すべく準備を進めているという。
発売形態は2枚組CD、iTunesによるダウンロード、そして4枚組CD/2枚組LP/2枚組アナログ・シングル/ドメニク・プリオレ筆による60ページのハードカヴァー・ブックレットからなる限定BOXセットの予定。
これまで"SMILE"の公式発売プロジェクトは、他のオリジナル・アルバムのCD化に歩調を合わせる形で、エンジニアのマーク・リネットによる編集とミキシングが1988年から進められていたが、惜しくも予定されていた1990年中の"SMILE"CD発売は実現しなかった。以後さらに現存する素材のリサーチと編集が進められ、1995年8月にはCD3枚組の"SMILE ERA"というタイトルで公式リリースが計画されていたが、ブライアンへの事後承諾申請の段階でNGが出て頓挫してきた。その間、1990年の"SMILEY SMILE/WILD HONEY"CD化の際のボーナス・トラックと、1993年リリースの"GOOD VIBRATONS BOX"にて一部が公式リリースされている。
けれども今回のリリースは、EMI北アメリカ支社のゼネラル・マネージャーのBill Gagnonによると、ブライアンをはじめ、現存メンバー全員の許可と協力を得ており、リリースに対する障害は何もないという。
ブライアンは以下の通り語っている。
「僕はBBの"SMILE"のオリジナル・スタジオ・セッションが初めてリリースされることにとても興奮している。公式リリースによって、美しい天使のようなBBの歌声によるオリジナル・レコーディング集がファンの耳に届けられることを楽しみにしている。」
今回の"The Smile Sessions"の音楽著作権は、BBの最初の著作権管理会社SEA OF TUNESの現在のオーナーであるUNIVERSALグループのRONDOR MUSIC, BBのBROTHER RECORDS、そしてブライアンが"SMILE"を新録にてリリースした関係で、同作で初めて発表された部分はブライアン自身と、3者にまたがっている。
リネットは語る。「今回リリースされる"SMILE"は、ブライアンや他のメンバーの意見を取り入れて、できる限り1967年当時の構想に近づけて全体を構成することを目指した。」
リネットは、ブライアンが2004年に新録してNONESUCHよりリリースした"SMiLE"よりも賢明な選択をしている。
トラック・リストは現時点では未定だが、1枚のCDもしくはLP2枚3面にオリジナル"SMILE"を収録し、その他の部分に別ヴァージョンやスタジオでの会話などを入れるという。
リネットは語る。「普通『アルバム』というものは、全てが録音されてから完成されるべきものと思われがちだが、この作品はそうじゃない。いくつかのヴォーカル・パートが抜けてるんだ。けれどもバッキング・トラックは全て完成されていたのが救いだったね。全てのヴォーカル・パートはBBによるもので、たいていの場合、リード・ヴォーカルもバッキング・ヴォーカルも全て1本のマイクを囲んで録音されていた。バッキングはLAの"WRECKING CREW"と呼ばれるセッション・ミュージシャンでほとんどが演奏されたが、いくらかはカールのギターとデニスのドラムで演奏されていた。」

リネットによると、2004年の"SMiLE"は当時の新たな解釈の元で制作されたもので、右耳が聴こえないブライアンの意向通りに当初モノラルでミックスされる予定だったというが(実際はダリアン・サハナジャのミックスによりステレオでリリース)、今回の"The Smile Sessions"は延べ30時間以上残されている録音の中から、全てステレオでリリースされる予定だという。
「まだ答えられない質問もある。まだ編集を終えてないし、編集したらまずブライアンや他のメンバーに聴かせて意見を求めなければならない。2004年の時みたいに、ブライアンが『"You're Welcome"を入れよう』とは言わないとは思うけどね。」
「私は皆さんから、40年以上を経て"SMILE"を公式リリースしたことは正しかった、という意見をもらいたいんだ。」






2011-03-15 (Tue) | 記事URL | Beach Boys | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。