スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブルース、1970年のWHISKY公演を語る
BB1970

Beach Boys Britainに5月10日より掲載されているトップ写真について、ブルースが興味深い証言をしているので、ここに紹介する。
上の写真は1970年11月4日に行われた、ハリウッドに現在も名を轟かせる名門クラブ、WHISKY-A-GO-GOでのステージの模様。ブライアンも珍しく参加し、ベースにはエド・カーター、キーボードにダリル・ドラゴンが参加している。エドのアンプの上には別のストローハットが置いてあるが、ブルースが語るところによると、空調の風で飛ばされたときのための予備だという(アルのものでは? という声もあるが)。デニスも参加していたが、写真ではアルとエドのベースに隠れてしまっている。ブライアンとダリルの後ろにあるMOOG IIIシンセサイザーは、"Cool,Cool Water"のレコーディングで使われたものだそうだ。
同所でのライヴ自体は7日まで4日連続で行われているが、ブライアンは5日の中途で体調を崩して退場し、以後は参加していない。
6日のセットリストは以下の通り。

1. Darlin'
2. Aren't You Glad
3. Wouldn't It Be Nice
4. Wake The World
5. Cotton Fields
6. Country Air
7. Sloop John B.
8. Riot In Cell Block #9
9. God Only Knows
10. Good Vibrations
11. It's About Time
12. I Get Around
13. Johnny B. Goode

非常に状態の悪いオーディエンス録音がブートレッグで出回っているのが現状だが、ブルースはサウンドボード録音の存在について、以下の通り語っている。

************************
僕らが認めたものでない限り、ファンによる非公式なスタジオやステージのレコーディングが、ファンによってやりとりされるのは好きではない。僕の収入にならないし…それ以上に僕らのパフォーマンスやレコーディングの質の問題なんだ。
僕らを支持してくれるファンの存在には感謝するけど、昔のコンサートの「神話」が一人歩きして、実際のサウンドボード録音に残された事実より素晴らしいように思われることがよくあるんだ。
でも、知ってる人もいると思うけど、僕はブライアンの2004年のブリストル公演の"SMILE"DVDブートはとても楽しんでるよ。ヴァイブレーションのレベルが、スタジオ・ヴァージョンよりずっと素晴らしい。あのライヴでは、ブライアンと、その素晴らしいバンドと、イギリスの熱心なファンとの間が、即座に心と魂でつながったからなんだ。
WHISKY-A-GO-GOでのサウンドボード録音の話に戻ると・・・僕はしっかりとプロテクトされたBBの録音物をたくさん持っていて、最近も2枚のCDと3つのHDDに収録された、1970年のWHISKYの演奏を聴いたんだ。バンドはロックしてたはずなんだけど、全く熱意のない演奏と、石器時代のサウンドボード・ミックスだった。
僕はPINK FROYDの"THE WALL"の完璧にレコーディングされたデモを送ってもらって持ってるよ。僕はその何曲かにヴォーカル・パートを付け加えたんだ。

ブルース・ジョンストン
ヴァンクーヴァー
2010年 5月15日
************************
スポンサーサイト
2010-05-23 (Sun) | 記事URL | Bruce Johnston | 
"THE GERSHWIN SONGBOOK”、8月17日US発売予定!!
GARSHWILSON
Brian Wilson の Facebook ファン投稿写真より。Jordan Millerさんが私的に作成したもので、実際のジャケット写真ではない。

ブライアンがウォルト・ディズニー・レコードと契約して初のアルバムとなる、かねてから制作が伝えられていたジョージ&アイラ・ガーシュインのトリビュート・アルバム"THE GERSHWIN SONGBOOK"の発売予定日が8月17日に決定した。

発売日の情報は、ブライアン側が正式に発表する前に、公式ページのBBSにて、ある人物にスッパ抜きの形で書き込まれたので、5月6日にブライアンの取り巻きがTwitterとFacebookにて「まだリリース日は決定していない」と否定する書き込みをしたのだが、現在ではAmazon.comに、8月17日発売予定でインフォメーションが掲載されている。ブライアンの取り巻きとしては、情報解禁前にスッパ抜かれたことが面白くないのだろう。

このニュースについて、ブルースは5月8日に、BEACH BOYS BRITAINの掲示板にて、興味深い長文コメントを寄せている。

******************
BBB掲示板の皆さんへ、

ジョージ・ガーシュインが作曲した"Rhapsody In Blue"の、あのロマンティックで驚くべき10の楽章は、幼少の頃の
僕には心地よく聴こえた。僕はいまだに立ち直れない! どのレコーディングを最初に聴こうが、ブライアンは僕のようにとても衝撃を受けたと思うよ。僕がそうだったように、1924年のポール・ホワイトマンとによる初期のジャズ・ヴァージョン"じゃなくて、もっとシンフォニックなアレンジが好きだったような気がするな。

ちなみに、僕は1990年代半ば、ブライアンと一緒にマンハッタンでリムジンに乗って、ニューヨーク市内のジョージ・ガーシュインの家を訪れたことがあるんだよ。ブライアンにとっては神殿に行くみたいなもんだったと思うし、ブライアンはこの遠出をとても楽しんだようだった。僕自身もかなり楽しかったよ。

1959年の僕が高校生だった頃、エラ・フィッツジェラルドの一連の"SINGS THE GEORGE AND IRA GERSHWIN SONGBOOK"アルバムに魅了されたんだ。BBBritainの皆さんにも、ジョージとアイラのガーシュイン兄弟が、アメリカの古典的な作曲家であったことが分かってもらえると信じてるし、現在でもガーシュインの生み出した音楽が聴けるのは素晴らしいことだ。

Wikipediaに行って、"Rhapsody In Blue"ジョージ・ガーシュインアイラ・ガーシュイン"Ella Fitzgerald Sings the George and Ira Gershwin Songbook"、その他ガーシュイン・ソングブック・アルバムについて調べることを奨めるよ。そうすれば、ブライアンの最新プロジェクトがより心に響くものになるだろう。

さあ、宿題をやっておいで!

ブルース・ジョンストン
ラス・ヴェガス (当時の滞在地)
2010年5月8日

******************

曲目は現時点では正式決定していないが、AGD師匠の書き込みによると、以下の曲目がレコーディングされているという。ただし、これら全部が収録されるとは限らず、タイトルも変更が出る可能性があるという。

I Loves You Porgy
Summertime
Someone to Watch over Me
"The pretty part" of Rhapsody in Blue
It Ain't Necessarily So
Let's Call The Whole Thing Off
I Got Plenty Of Nothing
Two unfinished Gershwin piano pieces

*64年にシャロン・マリーをヴォーカルに据えてプロデュースした"Summertime"のブライアン・ヴァージョンは楽しみなところだ。続報が入り次第お知らせする。
2010-05-23 (Sun) | 記事URL | Brian Wilson | 
ブライアン、5人目の養子を迎える
Dakota Rose
Facebookより。

5月14日、ブライアンとメリンダ夫妻は、1月6日に5人目の養子かつ3人目の女児となるダコタ・ローズ(Dakota Rose)ちゃんを迎えたことを発表した。
ブライアンは「これでバスケットボールのチームが組めるよ。」と喜びの言葉を発している。
おめでとう!

*この子もやはり名前が"D"で始まっていますね。
2010-05-22 (Sat) | 記事URL | Brian Wilson | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。