スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
ブライアンの"California Sun"、『おさるのジョージ2』サントラに収録される
Curious George 2
ブライアンがTHE RIVIERASの64年のヒット曲、そしてRAMONESのカヴァーでも知られる"California Sun"をカヴァーし、アニメ"CURIOUS GEORGE 2(『おさるのジョージ2』)"に提供して、2010年3月2日にDVDサントラ盤が同時発売された。
サントラ盤CDの内容は以下の通り。

1. "Life Less Ordinary" - Carbon Leaf
2. "The Friendship" - Carbon Leaf
3. "California Sun" - Brian Wilson
4. "On A Roll" - Carbon Leaf
5. "Heart Of The Day" - Carbon Leaf
6. "Let Your Troubles Roll By" - Carbon Leaf
7. "Walking In The Sun" - Carbon Leaf
8. "Follow That Monkey" - Jackie Greene
9. "Moon Man" - Heitor Pereira
10. "Going East" - Heitor Pereira
11. "Giving A Hand" - Heitor Pereira
12. "Zoo" - Heitor Pereira
13. "Friendship" - Heitor Pereira

発売元の429 Recordsのサイトでは、何とフルコーラス試聴可能!! 現代はストリーミング再生のファイルも簡単に保存できる時代だし、いいのかなあ?

ちなみにRIVIERASのヴァージョンはこちらでどうぞ。ブライアンのヴァージョンは、可能な限りRIVIERASのヴァージョンを尊重して制作されたことがわかる。


実はこの曲の大元のオリジナルは、1960年に"You Talk Too Much"のヒットを放った黒人シンガー、ジョー・ジョーンズ(Joe Jones)のヴァージョンであった。なかなか泥臭いニューオーリンズ・サウンドだ。



Curious George

『おさるのジョージ』は1940年、ハンス・アウグストとマーガレットのレイ夫妻による絵本のシリーズとして誕生し、日本では1954年に『ひとまねこざる』として訳本が出版されたのが始まり。そのイラストは文房具などに頻繁に使用されているので、絵本を読んだことがなくても、絵柄を見れば分かる人は多いだろう。
1999年より『おさるのジョージ』という題で邦訳本が出版されるようになり、2006年にアメリカで初のアニメ映画化がなされた。
日本では2008年より、毎週土曜日の朝8:00よりNHK教育テレビで放映されている。『2』のエピソードは4月以降より放映される予定。"California Sun"どのように使われるのか楽しみだ。日本人が日本語詞で歌うかもしれない、という危惧はあるが・・・

(Thanks to あいぼん さん)
スポンサーサイト
2010-03-07 (Sun) | 記事URL | Brian Wilson | 
デニスのドキュメンタリー番組"FOREVER"、イギリスBBC4にて放映される
イギリスBBC4放送で2月26・27日、3月6日の3回、ジョン・ステビンスが約3年をかけて編纂したデニスの1時間ドキュメンタリー番組"FOREVER"が放映された。
出演はアル、デヴィッド・マークス、マイク・コワルスキ、ジェフリー・フォスケット、ディーン・トーレンス、"Holy Man"のリード・ヴォーカルを歌ったテイラー・ホーキンス、デニスの息子マイケルとカール・Bなど。
イギリスBBC放送のサイトでストリーミングが視聴可能だが、日本では見られないので、代わりにここに貼り付ける。
※お使いのブラウザの条件によっては視聴不可の場合もあります。
※再生時間は1時間です。ダイヤルアップ回線などで利用されている方はご注意ください。



ついでながら、ビリー・ヒンシが2007年に発売した、BB関係者がデニスの思い出を語るヴィデオ"FOREVER"(これもか!)のトレイラーと、ジョン・ステビンスのコメント映像も紹介しておくので、併せてご覧になっていただければ幸いである。



2010-03-07 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
アル、”SATURDAY NIGHT LIVE”で侮辱される

(この動画は削除されるかもしれません。ご了承ください。)

アメリカNBC放送で1976年以来35年間続いている音楽番組"SATURDAY NIGHT LIVE"2010年2月28日放映分にて、「"We Are The World 2"(25th For Haiti)のあら探しをする」という名目で、パロディ曲"We Are The World 3 "が歌われ、放映翌日の複数のTVニュースで取り上げられるなど、物議をかもしている。
メインゲストのジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez [J-Lo])がリアーナ(Rihanna)に扮し、物真似で冒頭のヴォーカルを披露したのをはじめ、主に"2"に参加しなかったミュージシャンに扮した"SNL"レギュラーのタレントが、"2"のPVを茶化す内容なのだが、その中でアルは、レディ・ガガ(Lady GaGa)に扮した女性タレントに“Oh tell me who is it with the weird dude in the front row?”(前列の変な男と一緒にいるやつ誰?)と、画像入りで侮辱的に歌われた(2:20~26)。

この件に関してのアル本人やBB関係者のコメントは、現在のところ公表されていないようであるが、もし動きがあれば続報をお知らせする。
2010-03-07 (Sun) | 記事URL | Al Jardine | 
"We Are The World 25th for Haiti" PV


brandseebさんが歌詞とアーティスト名のテロップを入れたPVを、上に貼り付けた。
残念ながら、ブライアンとアルはコーラス隊その他大勢の中におり、ソロ・パートはない。
ブライアンの立ち位置がしょっちゅう変わっているのに注目。

歌詞の日本語訳は以下の通り。(作成:brandseebさん)

-We are the World 25 for haiti

今こそあの声に耳を傾けるとき
今こそ世界がひとつになるとき
人々が死んでゆく
命のために手を貸すときがきた
それはあらゆるものの中で最高の贈り物
これ以上知らないふりはできない
誰かが、どうにかして変化を起こさなければ
僕らはみんな神の大きな家族の一員
本当さ、すべての人に必要なのは愛なんだ

僕らは仲間、僕らは神の子供たち
明るい明日を作るのは僕らの仕事
さあ今こそ始めよう
選ぶのは君だ
それは自らのいのちを救うこと
本当さ、住みよい世界を作るのさ
君と僕で・・

心が届けば支えになってあげられる
助けを求めている 無駄にはならない
彼等を苦しめてはならない 断ってはならない
今こそ 彼等は助けを求めている

僕らは仲間、僕らは神の子供たち
明るい明日を作るのは僕らの仕事
さあ今こそ始めよう
選ぶのは君だ
それは自らのいのちを救うこと
本当さ、住みよい世界を作るのさ
君と僕で・・

見放されてしまったら、何の希望もななくなる
負けたりしないと信ずることが大切なんだ
変化はきっと起こると確信しよう
僕らがひとつになって立ちあがればいいんだ

※僕らは仲間、僕らは神の子供たち
 明るい明日を作るのは僕らの仕事
 さあ今こそ始めよう
 選ぶのは君だ
 それは自らのいのちを救うこと
 本当さ、住みよい世界を作るのさ
 君と僕で・・

※繰り返し

-ラップパート-
僕たちは誰かを必要としている
目覚めたとき当たりを見渡し絶望感が残ったら
地震が起きれば 僕たちが助けを差し伸べる
地面が割れたら 魔法のじゅうたんをひこう
強い愛で結ばれている僕らは仲間
ラジオがついてなくても 君は歌を聴ける
暗やみを歩くときは 光となろう
絶望を感じたときは 夢の道しるべとなろう
つまずいたときは 誰かが手を差し伸べる
立ち直るために 誰かが手を差し伸べる
絆でつながっている僕らは仲間
地球を愛し、歌を歌おう

※繰り返し

みんなは仲間 みんなが手をさしのべる
-子ども達&ワイクリフ・ジョン-
(ハイチの言葉で)
We are the world(僕らは仲間)
we are the children (僕らは神の子供たち)

- ウィル・アイ・アム&カニエ・ウエスト-
君と僕 君と僕
12日間も水がないなんて どうか生き抜いてほしい
愛を広げたら 広げたことを見届けよう
世界が終わったかのようだ 世界を蘇らせよう
カトリーナ アフリカ インドネシア
ハイチは今我々を必要としている 必要としているんだ

※繰り返し

ハイチ、ハイチ・・ ハイチ
2010-03-07 (Sun) | 記事URL | Beach Boys | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。