スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
Glen Campbell "Guess I'm Dumb"
ブライアンが、一時BBのツアー・メンバーを務めていたグレン・キャンベルに提供した、"Guess I'm Dumb"の、グレンによる貴重なTV番組歌唱シーンを紹介する。

アメリカABCのTV番組"SHINDIG!"より。
画質は良いが、CDの音に差し替えられているのがちょっといただけない。


こちらはNBCの番組”HULLABALOO”より。
音声はオリジナルのまま。やたらキャーキャー言われているのがちょっと可笑しい。
襟なしのジャケットがアイドル・シンガーっぽい。

”SHINDIG”も”HULLABALOO”も、1965年のオリジナル放映はカラーヴィデオだった。
しかし、1960年代にモノクロフィルムにコピー保存された後、オリジナルのヴィデオテープは再利用のために消されてしまったのだ。
”HULLABALOO”は一部が奇跡的にカラーで残っており、VHS・DVDで商品化もされたが(グレン・キャンベルは未収録)、"SHINDIG!"のシリーズとしての公式な商品化が待たれる。一部は再放映されたり、オムニバス・ヴィデオで商品化されたりしているが。

おまけ”BEACH BOYS MEDLEY”。
70年代中期のTV出演と思われる。
"Good Vibrations";"Help Me Rhonda";"Surfer Girl";"Surfin'USA"を歌う。なかなか乙なものだ。
ギターは1986年の"25 Years Together"で使用したものと同じ、オヴェーションのエレクトリック12弦だ。


スポンサーサイト
2008-08-30 (Sat) | 記事URL | Friends | COM(0) | TB(0) | 
ブライアンとジョン・レノンの会話について
ブライアンの公式ページにアップされている"A conversation between Brian and John Lennon (:15)"というオーディオ・ファイルについての情報がある程度だが判明したので、紹介する。
YouTubeでも見られる。


この短い電話インタヴューは1964年、BEATLESの映画"A Hard Day's Night"公開前に行われたものだそうで、ブライアンがジョン・レノンに、ビートル・カットについての質問をしているもの。

Interviewer:"Well, check The Beach Boys. Brian, what do you think about their haircuts?"
Brian:"I think they're great. By the way, John, The three of you guys ever own your private barbors?"
John:"No. it's a dirty rumor, we don't. We cut ourselves. (laugh)"

インタヴュアー:「BEACH BOYSのブライアンに聞こう。彼らのヘアカットをどう思う?」
ブライアン:「素晴らしいと思う。ところでジョン、君たちのうち3人は、常に個人理容師をつけてるんだって?」
ジョン:「いや、そんなのは失礼な噂だ。僕らは自分でカットするよ。(笑)」

このインタヴューを収録したアセテート・ディスクが、2001年初頭にロサンゼルス南岸のニューポート・ビーチにおけるフリー・マーケットで、何とたったの5ドルで売られていた。それが同年11月に7000ドルスタートでオンライン・ビッズにかけられ、ブライアンの関係者が落札したために、公式サイトで一部が公開されている、ということのようだ。

情報源

この情報についてのさらなる詳細をご存知の方は、鰐部まで個人メールを送ってくださるか、You're Welcome 3 掲示板に書き込んでくださると幸いです。

ちなみに、私が以前にBEACH BOYS BRITAINで得た情報では・・・
ブライアンは、ジョン・レノンに直接会ったことはない、と現在まで主張している。が、74年頃にジョン・レノンの秘書を務めていたメイ・パンによると、ジョンは74年にブライアンを含めたBBのメンバー5人と会っており、ジョンは大喜びだったとか。しかし、当時のブライアンの精神状態は最悪だったので、そのことを覚えていないのかもしれない、とのことである。
2008-08-28 (Thu) | 記事URL | Brian Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”THAT LUCKY OLD SUN”追加情報
*”THAT LUCKY OLD SUN”プロモーションのための特別サイトが開設されている。
トップページを開けると、収録曲がランダムでストリーミングされる。
さらにこのサイトから”THAT LUCKY OLD SUN”を予約注文すると(CDのみ、CD+DVD、LPは問わない)、先着2500枚にクリアブルー・ビニールの7インチ・シングル"Midnight's Another Day/Morning Beat"が無料で付けられる。さらにそのうち150枚には、ブライアンの直筆サインが入れられるという。
またこのサイトではTシャツなどのツアー・グッズも売られるが、1枚$24.95もするTシャツのどれかを買うともれなく、タイトル部分をあしらったキーチェーンが付いてくる。ただし数に限りがあるので注意。キーチェーン単独でも$9.95で購入可能。
しかし残念ながら、現在ではアメリカ国内からしか注文できないようだ。日本国内から登録のために住所等を入力すると、"We are currently shipping with USPS priority with tracking."というメッセージが出て、注文を受け付けられないようになっている。

TLOSCDDVD
*初回限定DVDのトラックリスト

1. Chapter 1: Morning Beat - Making Of The Album
2. Chapter 1: Our Prayer - Making Of The Album
3. Chapter 1: That Lucky Old Sun - Making Of The Album
4. Chapter 1: California Role - Making Of The Album
5. Chapter 1: Midnight's Another Day - Making Of The Album
6. Chapter 1: Southern California - Making Of The Album
7. Chapter 1: Surfin' - Making Of The Album
8. Chapter 1: Oxygen To The Brain - Making Of The Album
9. Chapter 1: Mexican Girl - Making Of The Album
10. Chapter 1: Can't Wait Too Long - Making Of The Album
11. Chapter 1: Going Home - Making Of The Album
12. Chapter 1: Live Let Live - Making Of The Album
13. Chapter 1: Going Home - Making Of The Album
14. Chapter 2: Good Kind Of Love - Live Performance From Capitol Studio A
15. Chapter 2: Forever My Surfer Girl - Live Performance From Capitol Studio A

ブライアンの公式サイトでもストリーミング配信されている、アルバムのメイキングやCAPITOL STUDIO Aでのスタジオ・ライヴが観られるようだ。観客を前にしたライヴが収録されないのは残念だが、これまでの慣例から、今後ライヴDVDがリリースされる可能性はあるだろう。
なお、CD+DVD国内盤のみ、発売日が9月17日に延期になった。日本語字幕は完備されるという。

*アメリカの量販店BEST BUYでCD(CD+DVDでは×だそう)を予約注文すると、以下のボーナス・トラックが収録された限定ディスクが付く。
とても気になる内容だが、これもアメリカ国外からは注文できない。

"Good Kind of Love" (featuring Carole King)
"I'm Into Something Good" (featuring Carole King) *HERMAN'S HARMITSにキャロルが提供した曲のカヴァー。
"Just Like Me and You"(Brian solo) *新曲
2008-08-25 (Mon) | 記事URL | Brian Wilson | COM(2) | TB(0) | 
"THAT LUCKY OLD SUN"全曲フルコーラスで試聴可能!!
TLOSAnalog

ブライアンの新作"THAT LUCKY OLD SUN"が、アメリカでは予定通り8月19日に、アナログ盤で先行発売された。
A面とB面の区切りは"California Role"と"Between Pictures (narrative) "の間である。
それと共に、8月22日よりCD発売前日の9月1日まで、何と太っ腹にも、全曲がフルコーラスでストリーミング試聴できる。
全部で19の放送局サイト、32の新聞社サイトでストリーミングが可能だが、とりあえずtheadvertiser.comサイトを挙げておく。
略式年表も掲載されており、ブライアンのことを全く知らない人でも、おおよその活動歴を把握できるよう配慮されている。
ダウンロードはReal Playerなど普通の方法では不可能なので、再生しながらアナログ録音する方が簡単だ。1曲ずつでも試聴可能だが、1曲目を再生すれば、止めない限り最後の曲まで自動的に再生してくれる。

CAPITOL/EMIもかなりプロモーションに力を入れているようで、他にも15秒TVCMや、新聞や雑誌の広告も大規模に打たれる模様だ。

※しかしこんなことをして、CDだけのものは果たして売れるのか不安だ。
2008-08-24 (Sun) | 記事URL | Brian Wilson | COM(0) | TB(0) | 
ブルース、サーフィンについて語る
ブルースがBeach Boys Britain掲示板上にて、「どんな種類のサーフボードを使っているのですか? いろんな種類のボードを使っているように思えるのですが。」という質問に対し、以下の通り答えた。

*ポール、
僕は今でもロングボードでサーフィンをしてるんだけど、ボードが軽くなったのには驚くね。僕が高校生の頃(50年代後期)に使ってたボードはとても重かったけど、今使ってる2008年のRUSTYのボードは、片手で抱えられるぐらい軽いんだ! 僕はショートボードを2年ほど使ってみたけど、イタリアン料理を食べ過ぎてダイエットしなくちゃならなくなって、またロングボードに戻ったんだ(本当だよ!)。クリスチャン・ラヴ(マイクの1968年生まれの息子)は今でもショートボードでサーフィンするよ。
僕は最近モンテシーノ(カリフォルニア州)の家を売って、今ではその古い家から通りを下ったところにある海岸沿いに住んでるんだ。新しい家は僕のサーフ・スポットから100フィートほどで、景色は海岸と海し見えないんだ。僕は55年もの間ずっと海沿いに住んでるんだよ。

ブルース・ジョンストン
モヘガン・サン
2008年8月23日

Re(1): Surfing question for Bruce.
Posted on August 23, 2008 at 07:01:03 PM by Bruce Johnston

Paul:
I'm still surfing a longboard but the difference in the weight of the boards is amazing. The longboard(s) I surfed during high school (in the late fifties) were very heavy but my current 2008 Rusty longboard is light enough to lift with just one hand! I surfed a shortboard for a couple of years but I moved back to longboards because (OK, the truth now!) I discovered Italian food and I had to make some 'adjustments'.........Christian Love still surfs a shortboard.
I recently sold my house in Montecito and I now live on the beach just down the street from my old house. My new house is a hundred feet from my surf spot and my view from where I live is all beach & ocean. It's only been 55 years since I've lived on the beach!

Bruce Johnston
Mohegan Sun
August 23, 2008
2008-08-24 (Sun) | 記事URL | Bruce Johnston | COM(0) | TB(0) | 
カールの次男ジャスティンに女の子誕生!!
カールの次男ジャスティンとその夫人ブレッタの間に、8月6日、第2子となる女児、NEVA VENAE WILSONが誕生した。

以下、BEACH BOYS BRITAINに、ジャスティンの叔父にあたるビリー・ヒンシが書き込んだ情報より。

Very happy to announce ...
Posted on August 23, 2008 at 05:04:43 AM by Billy Hinsche

The birth of NEVA VENAE WILSON !@#$%

Date: Born 8-6-08
Time: 5:04pm
Vital statistics: 6 pounds 13 ounces, 19 1/4"
Place: Santa Monica, CA

Parents: Britta & Justyn Wilson
Grandparents: Annie & Carl Wilson / Venae & Peter Nicholayson

Note: "NEVA" is Audree Wilson's middle name ...


Though I haven't met her yet, I have seen pictures of this beautiful little baby girl with peaches & cream skin and an angel's face.

Proudly,

Grand Uncle Billy

※つまりNeva Vanaeとは、父方の曾祖母と母方の祖母を組み合わせた名前なのだ。ネヴァ・ヴァナエちゃんの祖母に当たるアニーはカールの最初の妻で、ビリーの姉である。
ジャスティンとブレッタの間には、既報の通り、2007年6月18日に第1子ディーン・カール君(父方の祖父のミドルネームとファースト・ネームを入れ替えたもの)が生まれている。

2008-08-23 (Sat) | 記事URL | Families | COM(0) | TB(0) | 
BEACH BOYS、FENDER HALL OF FAMEに選ばれる
エレクトリック・ギター・メーカーの最大手フェンダー社の発展に貢献したことを評価され、BBが2008年度のFENDER HALL OF FAME(フェンダーの殿堂)に選ばれた。
BBは1962年のCAPITOLからのデビュー時、カールとデヴィッド・マークスがフェンダー・ストラトキャスター、ブライアンがフェンダー・プレシジョン・ベースを使用していた。
以後カールはジャガー、エレクトリックXII(プロトタイプ)、ビグスビー付テレキャスターを使用、ストラトキャスターも晩年までサブ・ギターとして使用し続けた。特に63~64年に使用されたジャガーによる乾いたリード・ギター・サウンドは、初期BBのサウンド・キャラクターの要素であった。
アルは1963年の復帰以来、BB分裂後の現在まで、ほぼ一貫してストラトキャスターをメインで使用している。ブライアンは近年も時折フェンダー・プレシジョン・ベースを抱えてステージに立っている。

ちなみに同時に選ばれたのは、テレキャスターの名手ジェイムズ・バートン(James Burton)、1957年にフェンダー社に入社し、プロ・ギタリストとしての立場からフェンダー社にさまざまなアイデアをもたらした故ビル・カーソン(Bill Carson)、フェンダー社の広報担当で、1960年代の会社発展に貢献した故ボブ・ペリン(Bob Perine)、1960年代半ばに入社し、1980年代の会社再建に貢献したドン・ジョンストン(Don Johnston)、1981年に入社し、フェンダー・カスタム・ショップを発足したクラフトマンのダン・スミス(Dan Smith)。

8月8日、アリゾナ州テンペにあるTempe Center for the Performing Artsでその授賞式が行われた(現在のフェンダー社は、本社をアリゾナ州スコッツデイルに置いている)。授賞式にはBBを代表して(?)アルが1人で出席した。
アルが最もフェンダー・ギターの使用歴が長く、資料用に自身所有のストラトを貸し出すなど、フェンダー社との付き合いが最も密接なので、現存メンバーで誰か1人と言われればやはりアルが適任なのだろう。マイクやブルースは現在ではギターもベースも演奏しないし、ブライアンはフェンダー社のベースを使用しているものの、バンドがライヴァルのギブソン社とエンドース契約しているため、こういう式典への出席ははばかられたのだろう。

アルのスピーチより

“I’m here to accept this wonderful accolade on behalf of my partners, some of whom are still here upon the planet Earth,”
「私は仲間を代表してこのすばらしい賞を受け取るためにここに来ました。仲間の何人かはまだこの地球上にいるのですが。」
*ここで事情を知る観客から笑いが起こったという。

“We had Carl Wilson, Dennis Wilson and Brian Wilson, of course, who really were the driving force for coming to grips with the teenage sound, we’ll call it―the electric sound.”
「私達の仲間にはカール・ウィルソン、デニス・ウィルソン、そしてブライアン・ウィルソンがいました。彼らはティーンエイジ・サウンドで人々の心をとらえる原動力でした。私達はそれをエレクトリック・サウンドと呼びましょう。」

HOF2
殿堂入りプレートの前で喜びのポーズを取るアル

HOF1
右から、ジェイムズ・バートン、アル、ボブ・ペリンの妻Blaze Newman、現フェンダー社長のBill Mendello、ビル・カーソンの妻Susan Carson、ドン・ジョンストン、ダン・スミス。

HOF_9.jpg
左から、フェンダー社長のMendello, HALL OF FAME委員のRitchie Fliegler,アル、授賞式司会でフェンダー副社長のRichard McDonald。

2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Beach Boys | COM(0) | TB(0) | 
ブライアン、TV番組"Live From Abbey Road"に出演
brianfunny

EMIアビー・ロード・スタジオでレコーディングの模様を披露するイギリスのTVシリーズ"Live From Abbey Road"の最終回にブライアンが出演する。
6月のブライアンのUKツアー中に収録されたもので、9月5日にイギリスのケーブルTV局More4にて初放映され、その後数回再放映される見込み。
アメリカや日本などでの放映、DVDソフト化も期待したい。
情報源
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Brian Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2④”Love Remember Me”の正しい歌詞
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson/Steve Kalinich)

Never thought you could ever blow me away
Never thought I'd see the day
We both would run away
It's wonderful to know the people outside love to play
People fall in love
They don't know why
Love, love remember me

People live, people die
People laugh, people cry
People love
I want to love
(People live, people die)
I need to love
(People laugh, people cry)
I want to love
I want to love
So love remember me
(Love keeps tumblin' down on you)
(My love comes driftin' down on you)
Oh, come on, come on, hello, come on
(My love comes gently down on you)
Well, come on, come on, hello, come on
(My love keeps tumblin' down on you)
Yeah, Come on, come on, hello, come on
(My love keeps tumblin' down on you)
Yeah, …, come on, come on, come on
(My love comes gently down on you)
Oh oh, come on, come on, come on, come on
(My love)
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2③”School Girl”の正しい歌詞
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

School girl,you're a fool girl
School girl,you're a fool girl

School girl, don't be a fool
Lived long enough under your father's rule
One more semester and we're on our way
Livin' life together everyday
Every night when the whole world is sleeping
We'll make it right

School girl,tell all your friends
That's the man you're gonna love 'til the end
I'll pick up at your final class
We'll do the things we love to at last
Come on girl, hold me girl
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2⑬”Time For Bed”の正しい歌詞
Time For Bed (Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

"Rolling"
"Very funny"

She was tall, slanky
She's walkin' slow
She turned the corner
She was summer-burned and winter-blown
She's headin' for that party
Where the music's too loud

My needle's kinda dirty so I thought
I'd mix myself another drink
What kind of rush is this?

Marijuana, beer and wine is for me
Don't care about my mama and my dad
I think I'd love to steal a car and cruise around
Run over one fat, ugly...just for kicks
As the world goes by
Ah, not ridin' tonight
Don't wanna take you home
2008-08-03 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2⑥”Wild Situation”の正しい歌詞
ジョン・ステビンス氏からのチェックを受けたので、ここに記します。
2行目が違うだけですが。
けれども、この2行目の訳から「素敵な関係」という邦題が付けられているので、それ自体が誤りということになってしまいます。
素直にタイトルの直訳で「最高の事態」で良かったのではないでしょうか?
確かに、「神様、素敵な啓示をありがとう」の方が、歌詞のつながりが良いと思います。

**************************************
Wild Situation
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

My Lord
Thank you for the sweet inspiration
Oh Lord
Thank you for the love that I found
On, no
She's the one I been lookin' for
(Ooh, it's a real wild situation)
(Wild, wild, wild, wild situation)
(Ooh, it's a real wild situation)
She walked up to me and took me by my hand
(Wild, wild, wild, wild situation)
(Ooh, it's a real wild situation)
She told me she would take me to the promised land
(Wild, wild, wild, wild situation)
I'll go down to mama
She's an angel on the ground
Come on, who let it shine
This love will last more than just a long, long time
Oh, no
She's the one I been waitin' for
It's a wild, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
She took off her clothes and moved in my direction

(Wild situation, wild situation)
Gonna go down there baby
She's the one I've been waitin' for
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Thank you for the love that I found
She took off her clothes and moved in my direction
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
2008-08-03 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
"Encomium In Memoriam Vol. 1"PV


先にお伝えしたジャン・ベリーのトリビュート・アルバム"Encomium In Memoriam Vol. 1"のPVが、YouTubeで公式に公開されている。
1965年撮影の未放映TVドキュメンタリー"ON THE RUN"からのライヴ・シーンに注目しよう。当時既に2バスのドラムスを叩くハル・ブレインを観ることができる。
ブライアンもジャンのプロデュースについてコメントをしているので注目しよう。
その楽曲を軽く聴いただけでは想像がつかないかもしれないが、ジャン・ベリーは作曲やパフォーマンスの能力こそ至らない面があったものの、プロデューサー、アレンジャーとしての才能は非凡なものがあり、ブライアンに作曲面で助力を求めるのと引き換えに、スタジオでのテクニックを教え、スタジオ・ミュージシャンの大胆な導入を勧めたほどなのだ。
1964年の出演映画はディーンの友人がシナトラJr.誘拐事件を起こしたためお蔵入り、1965年の主演映画は撮影中に列車事故でジャンが左脚を骨折、スタッフの多くも負傷したため制作中止、そして1966年4月にはジャンが自動車事故で重傷を負う、などど不運が重なったグループであったが、このトリビュート・アルバムが、J&Dの再評価につながり、若い世代のファンがJ&Dを正しく理解するきっかけとなれば、と願う。
2008-08-02 (Sat) | 記事URL | Friends | COM(0) | TB(0) | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。