デニスの伝記映画”The Drummer゛制作開始!!
デニス役に選ばれたアーロン・エッカート
デニス役に選ばれたアーロン・エッカート

MSN NEWSより(現在はリンク切れ)。

クロエ・グレース・モレッツとルパート・グリント、ザ・ビーチ・ボーイズのドラマー、デニス・ウィルソンの伝記映画に出演

映画『キック・アス』『ヒューゴの不思議な発明』のクロエ・グレース・モレッツ、映画『ハリー・ポッター』シリーズのルパート・グリントの二人がアメリカのサーフ・ロックの元祖で伝説的なロックバンド、ザ・ビーチ・ボーイズのドラマーで、39歳の若さで亡くなったデニス・ウィルソンの伝記映画『ザ・ドラマー(原題) / The Drummer』に出演することが決まった。

 ルパート・グリントはタレント・エージェンシーのメールボーイのインターンで後にデニスの親友となるスタン・シャピロを演じる。一方のクロエ・グレース・モレッツはデニスの4度の結婚の中のキャロル・フリードマンとの間の娘のジェニファーを演じる。

 デニス・ウィルソンを演じるのは映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』のアーロン・エッカート、そのほか彼のガールフレンドでロック/ポップグループ「フリートウッド・マック」のクリスティン・マクヴィー役には映画『マイレージ、マイライフ』のヴェラ・ファーミガが決定している。

 ザ・ビーチボーイズはブライアン、デニス、カールのウィルソン3兄弟を中心に結成されたバンドで、アメリカ西海岸の若者文化を代表する様々なアイテムをテーマにした軽快な楽曲が有名なサーフ・ロックの元祖。ポップなサーフ・ロックを書くようブライアンに進言したはデニスだという。また、当初音楽的経験をほとんど持っていなかったが、彼のカリスマは、バンドの中で一番の人気を支え、ステージ上のセックス・シンボルとなった。しかし、バンドが成功するに従い、彼のドラッグとアルコール漬けの生活がバンドに支障をきたしていく。そして、1983年12月28日の深夜、泥酔状態のデニスはヨットの甲板から深夜の海に飛び込み39歳の若さで溺死した。映画はデニスの生前の最後の半年に焦点を当て、そのドラマチックな生き様を描くと思われる。
 
 監督は映画『ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡』(DVD公開)のランドール・ミラー、脚本は同作でコンビを組んだジョディ・セイヴィンがペンを執る。撮影は6月からスタートする。(後藤ゆかり)

****************************

映画.comより。

クロエ・モレッツ、「ビーチ・ボーイズ」D・ウィルソン伝記映画に参加

2012年3月18日 13:00

クロエ・モレッツ(「ヒューゴの不思議な発明」)とルパート・グリント(「ハリー・ポッター」シリーズ)が、米ロックバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」のドラマーだった故デニス・ウィルソンの伝記映画「ザ・ドラマー(原題)」に参加することになった。

デニスは、兄でリーダーのブライアン・ウィルソンや弟カールらとともにビーチ・ボーイズを結成したオリジナルメンバー。ドラムやキーボード、ボーカルのほか、作曲でもバンドに大きく貢献したが、1983年、泥酔してヨットから海に飛び込み溺死した。39歳の若さだった。

すでに、デニス役にはアーロン・エッカート、デニスの恋人だったフリートウッド・マックのクリスティン・マクビー役にベラ・ファーミガが決定。米ハリウッド・レポーター誌によれば、モレッツはデニスの娘ジェニファー、グリントは、ウィリアム・モリス・エージェンシーのメールルームに勤務するインターンで、のちにデニスの親しい友人となったスタン・シャピロを演じる。

「ボトル・ドリーム カリフォルニアワインの奇跡」のランドール・ミラーが監督、ジョディ・セイビンが脚本を手がけ、6月中旬のクランクインが予定されている。

****************************

RBB Todayより。

2012年3月17日 09:33

ルパート・グリントとクロエ・モレッツが映画『ザ・ドラマー』で共演するようだ。ザ・ビーチ・ボーイズのドラマー、デニス・ウィルソンの伝記映画である同作には、すでにアーロン・エッカートがデニス役、ヴェラ・ファーミガがフリートウッド・マックのシンガー、クリスティン・マクヴィー役にそれぞれ決定している。ルパートは、後にデニスの友人となる、ウィリアム・モリス・エージェンシーの郵便室でインターンとして働くスタン・シャピロ役を演じ、一方のクロエは、デニスの娘ジェニファー役を演じるための最終交渉を行なっていると報じられている。

 デニスが1983年に亡くなるまでの最後の6年間を描く『ザ・ドラマー』では、1977年に発表されたデニスのソロ・アルバム『パシフィック・オーシャン・ブルー』からの楽曲が使用されるという。

 バラエティ誌に監督を務めるランドール・ミラーは「この役を演じるのにふさわしい人物は誰か、ずっと模索してきました。極めて大変な役ですから、歌うことが出来る優れた俳優というのは探すのが大変ですよ」「この映画にはデニスに関する発見があります。ブライアン(ウィルソン)についてはよく知られていますが、デニスの音楽を本当に知っている人はいません」と今作について説明している。

 主演のアーロンは製作総指揮としても同作に関わっており、デニスの2人の子供カールさんとジェニファーさんがミラー監督と共に共同プロデューサーを務めるほか、脚本はジョディ・セイヴィンとブラッド・ローゼンバーガーが担当している。

 大酒飲みでヘビースモーカーだったデニスは、39歳の誕生日を迎えた直後に溺死した。その日1日中飲んでいたデニスは、3年前に落とした物を探すため、マリーナ・デル・レイでヨットから飛び込んだという。
スポンサーサイト
2012-04-29 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | 
映画『断絶』名古屋でリヴァイヴァル上映開始!!
断絶ポスター
以前の記事はこちら

2012年 4月28日(土)~5月11日(土) 各日20:10~の1回上映
名古屋シネマテーク
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1丁目6-13 今池スタービル 2F
052-733-3959

地下鉄東山線・桜通線今池駅10番出口から西へ徒歩3分。
ライブハウス「得三」南にある、昔ながらの小さな映画館です。

私・鰐部は2007年発売のコレクターズ・エディションDVDを持っているのですが、画質チェックとグッズ目的で初日に観に行ってきました。

今回上映されているのはあくまでアナログのニュープリント版で、ヨーロッパで発売されているBlu-ray用のデジタル・リマスター版ではありません。なので映像には多少ちらつきがありました。

お客さんの入りは、40席ある座席の7割ぐらいでした。

グッズは写真のポスター(500円)と、同じ画像をあしらったTシャツ(3,000円 白・黒 S,M,Lの各サイズより選択可能)がありました。

BBやジェイムズ・テイラーの楽曲は一切使われていませんが(他アーティストの楽曲は結構使われています)、“Little Deuce Coupe”の歌詞に出てくるピンク・スリップ(アメリカの自動車所有者証明票)をかけて争ったりとか、ドラッグ・レースの模様とか、BBのホット・ロッド曲が好きな方であれば結構楽しめる要素もあります。

すでにDVDで発売されている作品ですが、レンタルで置いてあるところもほとんどないようですし、まだ観てない方には是非おすすめします!!



2012-04-29 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | 
映画『断絶(TWO-LANE BLACKTOP)』 ニュープリント版が2012年1月に劇場公開!!
TLB3
1995年リヴァイヴァル上映の際に制作されたチラシ

デニス・ウィルソンとジェイムズ・テイラーが主演した映画『断絶』(1971、原題:Two-Lane Blacktop)が、 2012年1月、イメージフォーラム(東京・渋谷)でレイトショーされます。
他の劇場での公開予定は現在のところ未定です。
すでにDVD化済みの作品ですが、どれだけ画質がアップしたか楽しみなところです。
同年1月23日に欧米でBlu-ray版が発売されるので、それに合わせての公開でもあるようです。

[あらすじ]
レース用にチューニングした55年シェビーに乗ったザ・ドライヴァーとザ・メカニックは、深夜のストリートレースで儲けた賭け金を手に、LAを飛び出す。途中、車に乗り込んで来たザ・ガールも加わり、3人は賭けレースの相手を探して南東へと車を走らせる。やがて立ち寄ったガソリンスタンドで、オレンジ色のポンティアックGTOに乗った中年男に遭遇すると、彼らは、互いの車を賭けた大陸横断の長距離レースを提案する。ワシントンDCを目指し、2台の車は二車線のアスファルト道路を疾走する……。

[解説]
『イージー★ライダー』の大ヒットを受け、アメリカン・ニューシネマの登場に湧いていた70年代のハリウッド。本作は、ユニヴァーサル映画が、『さすらいのカウボーイ』『ラストムービー』とともに起死回生の企画として仕掛けた野心作だった。しかし興行的には惨敗し、モンテ・ヘルマンがメジャー映画から遠ざかる原因となったいわくつきの作品である。主演に70年代を代表するシンガーソングライター、ジェームス・テイラーとビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソンを起用、そして彼らとレースをする中年男役に、サム・ペキンパーやピーター・フォンダ作品の常連である名優ウォーレン・オーツ。ヒロインは、アート・ガーファンクルとの交際でも知られる、当時無名のローリー・バードが演じた。70年代アメリカのフリーウェイを疾走する2台の車と、愛と孤独を求めて彷徨う若者たち。本作はアメリカン70sを体現する、アメリカン・ニューシネマの金字塔的作品であり、孤高のロードムーヴィーである。(作品資料より)

断絶 ニュープリント版 - goo 映画
2011-11-26 (Sat) | 記事URL | Dennis Wilson | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2④”Love Remember Me”の正しい歌詞
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson/Steve Kalinich)

Never thought you could ever blow me away
Never thought I'd see the day
We both would run away
It's wonderful to know the people outside love to play
People fall in love
They don't know why
Love, love remember me

People live, people die
People laugh, people cry
People love
I want to love
(People live, people die)
I need to love
(People laugh, people cry)
I want to love
I want to love
So love remember me
(Love keeps tumblin' down on you)
(My love comes driftin' down on you)
Oh, come on, come on, hello, come on
(My love comes gently down on you)
Well, come on, come on, hello, come on
(My love keeps tumblin' down on you)
Yeah, Come on, come on, hello, come on
(My love keeps tumblin' down on you)
Yeah, …, come on, come on, come on
(My love comes gently down on you)
Oh oh, come on, come on, come on, come on
(My love)
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2③”School Girl”の正しい歌詞
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

School girl,you're a fool girl
School girl,you're a fool girl

School girl, don't be a fool
Lived long enough under your father's rule
One more semester and we're on our way
Livin' life together everyday
Every night when the whole world is sleeping
We'll make it right

School girl,tell all your friends
That's the man you're gonna love 'til the end
I'll pick up at your final class
We'll do the things we love to at last
Come on girl, hold me girl
2008-08-15 (Fri) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2⑬”Time For Bed”の正しい歌詞
Time For Bed (Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

"Rolling"
"Very funny"

She was tall, slanky
She's walkin' slow
She turned the corner
She was summer-burned and winter-blown
She's headin' for that party
Where the music's too loud

My needle's kinda dirty so I thought
I'd mix myself another drink
What kind of rush is this?

Marijuana, beer and wine is for me
Don't care about my mama and my dad
I think I'd love to steal a car and cruise around
Run over one fat, ugly...just for kicks
As the world goes by
Ah, not ridin' tonight
Don't wanna take you home
2008-08-03 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2⑥”Wild Situation”の正しい歌詞
ジョン・ステビンス氏からのチェックを受けたので、ここに記します。
2行目が違うだけですが。
けれども、この2行目の訳から「素敵な関係」という邦題が付けられているので、それ自体が誤りということになってしまいます。
素直にタイトルの直訳で「最高の事態」で良かったのではないでしょうか?
確かに、「神様、素敵な啓示をありがとう」の方が、歌詞のつながりが良いと思います。

**************************************
Wild Situation
(Dennis Wilson/Gregg Jakobson)

My Lord
Thank you for the sweet inspiration
Oh Lord
Thank you for the love that I found
On, no
She's the one I been lookin' for
(Ooh, it's a real wild situation)
(Wild, wild, wild, wild situation)
(Ooh, it's a real wild situation)
She walked up to me and took me by my hand
(Wild, wild, wild, wild situation)
(Ooh, it's a real wild situation)
She told me she would take me to the promised land
(Wild, wild, wild, wild situation)
I'll go down to mama
She's an angel on the ground
Come on, who let it shine
This love will last more than just a long, long time
Oh, no
She's the one I been waitin' for
It's a wild, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
She took off her clothes and moved in my direction

(Wild situation, wild situation)
Gonna go down there baby
She's the one I've been waitin' for
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Thank you for the love that I found
She took off her clothes and moved in my direction
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
(Wild situation, wild situation)
Oh, it's a real wild situation
2008-08-03 (Sun) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
”POB(Legacy Edition)”Disc2⑩”Cocktails”の正しい歌詞
私が"Cocktails"の聴き取り不能個所を含めた歌詞の確認を、The BLUE BAMBU Roomでお願いしたところ、デニスの伝記の著者Jon Stebbins氏とAlan James氏より、正しい歌詞は以下の通りだとご指摘を賜りました。
なお、ステビンス氏の情報では、この曲は部分的にデニス(ヴォーカル、キーボード)とジョン・ハンロン(アコースティック・ギター)の2人だけでレコーディングされたそうです。
***************************
Cocktails (DW-Gregg Jakobcon-John Hanlon)

If love had its way
I'd build you a smile
And make it sing and last...
For more than just a while

If I was a waterfall
I'd fall and flow into you

(Lots of oh's and ooh's)

(From here Dennis is singing mostly in Spanish)

Por que no dice' que me quieres? (3x)
( = Why don't you say you love me?)

Why don't you say you love me?

Por que no dice'...(2x)
***************************

今後も"POB (Legacy Edition)"のオリジナル収録曲以外の歌詞は、ネイティヴ・スピーカーによるチェックをかけていくつもりです。
2008-07-31 (Thu) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
"PACIFIC OCEAN BLUE"国内盤情報
パシフィック・オーシャン・ブルー(レガシー・エディション)<完全生産限定盤>
デニス・ウィルソン
エピックソニー EICP1024
2008年7月23日発売 3,780円 (税込)

ディスク1
1 River Song リバー・ソング
2 What's Wrong なにが悪い?
3 Moonshine 月の光り
4 Friday Night 金曜の夜
5 Dreamer ドリーマー
6 Thoughts of You 君への想い
7 Time 安らぎの時
8 You and I お前と俺
9 Pacific Ocean Blues パシフィック・オーシャン・ブルー
10 Farewell My Friend さらば、わが友
11 Rainbows 虹
12 End Of The Show 終宴
Bonus Tracks
13 Tug Of Love (Previously Unreleased) 愛に引かれて
14 Only With You (Previously Unreleased) 君だけさ
15 Holy Man (Instrumental) (Previously Unreleased) 聖なる人
16 Mexico (Previously Unreleased) メキシコ

ディスク 2
Bambu (The Caribou Sessions)
1 Under The Moonlight 月明かりの下で
2 It’s Not Too Late 遅くはないよ
3 School Girl スクールガール
4 Love Remember Me 愛よ、僕を忘れずに
5 Love Surrounds Me 愛に囲まれて
6 Wild Situation 素敵な関係
7 Common コモン
8 Are You Real 君はリアル?
9 He’s A Bum ダメな奴の歌
10 Cocktails カクテル
11 I Love You アイ・ラヴ・ユー
12 Constant Companion 変わらぬ伴侶
13 Time For Bed タイム・フォー・ベッド
14 Album Tag Song 追加のうた
15 All Alone 独りぼっち
16 Piano Variations On Thoughts Of You 君への想いのピアノ変奏曲
Bonus Track
17 Holy Man (Taylor Hawkins Version) 聖なる人(テイラー・ホーキンス・ヴァージョン)
2008-06-28 (Sat) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
Gregg Jacobson interview
Gregg Jakobson

グレッグ・ジャコブセン、デニスについて語る
by Simon Cosyns Published: 19 Jun 2008 rigTeaserImage

―どうやってデニスと知り合ったのですか?

GJ:1963年か64年、私はブルース・ジョンストンやテリー・メルチャーとホノルルに行きました。私は彼らと一緒に仕事をしていましたから。彼らはBBの前座で、私とデニスはすぐに仲良くなりました。私同様、彼はバーに長時間いてマイ・タイ・カクテルを飲んでいるような人物ではありません。私たちはサーフィンに行き、バイクに乗り、女の子を追っかけまわしていました。

―彼はどんな人でしたか?

GJ:彼はいつも社交的で、誰とでも分け隔てなく接しました。女王でもホームレスでも関係なかったのです。

―いつ彼と共作を始めたのですか?

GJ:私たちはアメリカ本土に戻ってからも親交を保ち、共作を始めました。デニスはピアノに座り、アイデアを出し、私にメロディ・ラインや小節について質問したものでした。

―なぜ他の兄弟ではなく、デニスと長く付き合うようになったのでしょう?

GJ:デニスは隣の家に放火するような悪い子でした。彼はいつも女の子を追っかけまわし、車で遊んでいましたが、とても物事を吸収する力のある人物でもありました。彼の兄のブライアンは音楽の天才でしたが、彼も同じDNAを持っていたのですね。でも、能力の進歩は遅かったのです。アインシュタインは4歳まで言葉を話せなかったのに、量子物理学をほぼ解明しましたよね。デニスも最初は、「デニスの曲だからな」と軽く見られて、誰も彼の曲を聴こうとしなかったのに、それから人々が「ちょっと待て、あれがデニスの曲?」と言い出しましたからね。
彼が若くして死んだことは本当に悲しいことです。
今や人々は、「神様、今あの人が生きていれば、何が起こったでしょうか?」と言います。彼はただ見せ掛けだけの男ではなく、兄ブライアンのように、楽器を演奏するようにスタジオ設備を扱った男でした。
もし彼の生前にデジタル機材があったなら、彼はそれを使いこなしていたかもしれません。そう考えると驚くべきことです。

―"POB"制作中はどんな感じでしたか?

私は彼を尊敬していました。彼はとても進歩的で、創造的な空気を発していました。多くの曲が作られ、いくつかは現在"BAMBU"ディスクに収録されています。その後、彼の人生は坂を下っていきました。

―"Holy Man"は素晴らしい曲ですね。

私たちはあまりにも疲れ切って、詞が書けませんでした。30年後になって詞を書く必要ができて、テイラー・ホーキンスが現れて、完成に至ったのです。
それから私たちは、QUEENのブライアン・メイとロジャー・テイラーに曲を贈りました。彼らはさらに曲に馬力を加えてくれました。彼らのヴァージョンが発表されるのを楽しみにしていてください。私にはデニスが降臨して微笑みかけているように感じます。

―"POB"の後に何か問題が起こったのですか?

彼とBBとの関係が悪化したのです。何よりも、彼がBBの一員であることを愛していたことを忘れてはいけません。彼は当時の奥さんのカレンとも問題を起こしていました。多くの問題が同時に起こって、彼の人生は急降下していきました。それを見るのはとても悲しかったです。

―あなたとデニスとの関係は悪化したのですか?

私たちの親交は保っていましたが、彼の周りの状況はますます悪くなっていきました。愛する人が自滅していくのを見るのはつらいことです。悪魔と戦うために、彼はアルコールなど自分なりの方法で、自身に麻酔をかけたのだと思います。

―デニスが亡くなったとき、あなたはどこにいたのですか?

GJ:私はLAの50マイル南にあるラグーナ・ビーチにいました。何人かの友人が電話をしてきて、「聞いたか?」と尋ねてきましたが、私は「いや。」と答えました。
私は悲しみましたが、驚きませんでした。デニスはかつて「俺は生き急いで早死にするだろう。俺は遊びも仕事も一生懸命やるから、邪魔しないでくれ。」と言っていました。それが彼の姿勢だったのです。
多くのBBファン同様、私は"POB"と"BAMBU"が再リリースされることを喜んでいます。


2008-06-25 (Wed) | 記事URL | Dennis Wilson | COM(0) | TB(0) | 
| Top Page | Next