スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- (--) | 記事URL | スポンサー広告 | 
The Fendertones interview
YouTubeで話題になっているBBのトリビュート・グループ、The Fendertones


■"Heroes And Villains”ブライアン版のスタジオ録音ヴァージョンを、エフェクトも含めて忠実にコピーしている。ただし"In The Cantina"セクションは省略されている。

そのFendertonesのFacebookページを訪れても、あまりにも発表されている情報が少ないため、ファンの間で様々な憶測を呼んでいる。
そこでそのFacebookページに、質問内容を書いたダイレクトメッセージを送ったところ、YouTubeに映像をアップしている、中心人物でギタリストのEdwin Herderより返答が寄せられたので、以下に紹介する。

1.―あなた方はアメリカで活動しているのですか? 2004年に初パフォーマンスを行ったThe Mitchell Performing Art Centerの周辺が拠点なのですか?

EH:そう。僕らはアメリカで活動している。The Mitchell Performing Art Centerは僕らの住む町にあるんだ。ペンシルヴェニア州のフィラデルフィア郊外にあるブリン・アシン(Bryn Athyn)というところだ。

2.―あなた方は全員、もしくは何人かがプロのミュージシャンなのですか?

EH:いや、サックスのJim Verdeur以外はアマチュアだ。

3.―Chad Odhnerという人物がリード・ヴォーカルやファルセットを歌ったりして中心的役割を果たしているようですが、彼がリーダーなのですか?

EH:Chadは僕らのヴォーカル・アレンジをしたりしているけど、リーダーというわけではないな。

4.―どんな基準で録音する曲を選んでいるのですか?

EH:僕ら皆で話し合って、やりたい曲を決めるんだ。

5.―あれだけ大勢のメンバーを集めたり指揮したりするのは難しくないですか?

EH:そうだね。全員集まるのは簡単じゃないね。

これからもききたいことは何でもきいてくれよ。では。
Edwin Herder



スポンサーサイト
2012-11-23 (Fri) | 記事URL | Others | COM(0) | TB(0) | 
Andy Williams ”God Only Knows”


2011年12月20日の午前2時より、CSチャンネル銀河で放映されている『アンディ・ウィリアムス・ショー2』で披露されました。
1967年11月6日、CBS-TV放映分です。
編曲とピアノは巨匠ヘンリー・マンシーニです。当時のオリジナル・アルバムでは、ゴールド・ディスクを獲得した“LOVE ANDY”に収録されています。
リアルタイムに近いタイミングで、この曲を取り上げるセンスが素晴らしいです!!
この回には当時の奥方の可憐なクロディーヌ・ロンジェ(彼女も“God Only Knows”やブルースの“Thank You Baby”をレコーディングしています)も出演してバレエを披露しており、大当りの回でした!!

1977年発表のジャック・ジョーンズのヴァージョンは、ブルースがこのヴァージョンを参考にしたらしいです。
2011-12-24 (Sat) | 記事URL | Others | 
| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。